RTXシリーズ搭載PCを買ったのでOBSの設定を変えた話

Gaming-S
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

最近パソコンを新調(RTX2070搭載モデルに)したので、ゲーム配信に使っているOBSの設定をいじり倒していました。

OBSはNVIDIA社と共同開発でNVENCに対応しています。

NVIDIAの公式設定によれば、配信環境の通信速度に依存するものの、ビットレートは概ね6000超を設定できるとのことなので、2500から恐る恐る変えてみています。まだLive配信のテストをしていないので、そのへんはこれからです。

設定

出力モードが基本モードのままでも以下の設定で問題ないようです。

詳細モードの時は以下の通り。

Lock-ahead は動きの少ないゲームのときにオン

音声トラックは、1〜3になっていますが、これはわたしの都合でなっていますので、通常はトラック1だけチェックで大丈夫です。

ためしてみた

[FF7R] 録画時のエンコードを変えて比較してみた

左側がソフトウェアエンコードで、右がハードウェアエンコードです。※1

Youtubeに上げた時点で変換がかかるので、どこまでわかるかわかりませんが、ハードウェアエンコードのほうが、若干なめらかで、ブロックノイズが目立たない見かけになっていました。

この設定は、NVIDIA公式設定のまま設定しているので、わたしの環境に適した設定は違うかもしれません。が、とりあえず、しばらくコレで行きたいと思います。

良い設定があったらコメントで教えて下さいませm(_ _)m

※1合成はDavinci Resolveで行いました

タイトルとURLをコピーしました