GPUスケジューリング機能をオンにしてWindows10を早くする方法

Windows10
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」を使うには、Windows 10 May 2020 Updateにアップグレードした後、Nvidia GeForce 451.48以降、またはRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1以降を適用する必要があります。

そもそもGPUスケジューリング機能とは

理論的には、ほとんどのGPUスケジューリングタスクを、GPUのスケジューリングプロセッサーに渡します。これにより、CPU処理が少し解放され、レイテンシ(遅延)がわずかに改善される可能性がある、という仕組みです。

バージョンの確認

グラフィックスドライバ「GeForce Game Ready Driver 451.48」の配布は6月24日に、「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1」は5月27日に、配布を開始しています。

どちらもWindows 10 May 2020 Updateを適用後に設定することで、DirectX 12 Ultimateを利用可能になりますが、なぜかその設定がデフォルトではオフになっているので、今回はどこにその設定があるのか解説します。

設定

設定アプリ>システム>ディスプレイ>マルチディスプレイ>グラフィックの設定>規定のグラフィックスの設定を変更する

メニューが深すぎるwww

まとめ

そもそもGPUアクセラレーションをオンにするために、なんでこんなに深いメニューなのか謎ですし、やっていることといえば、控えめに言ってもWindowsディスプレイドライバーモデル(WDDM)の根本的な再設計なので、もっと大げさに宣伝しても良いのでは?とかおもいました=͟͟͞͞(๑º ロ º๑)っ

が、マイクロソフトによると、アクティベート後に大きな影響はないと見ているとのこと。

一方専門家筋では、ローエンド〜ミッドのコアプロセッサのレイテンシ(入力遅延)が軽減されるとの見方もあります。

まぁいずれにせよ、早くなるならやっと居たほうが良き(❁´◡`❁)更新しよ?

タイトルとURLをコピーしました