Surface Duoを評価するポイントと予想価格

雑記
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

Surface Duoを取り巻く宗派の違い

Android教徒とSurcafe教徒

Android教徒の理論

意訳:AndroidOSのなんたるかを知らないメーカーが良いAndroidスマホを作れるとは思えない。基本からやりなおせ

Microsoft has given us no reason to believe the Surface Duo will be good
Microsoft has made some amazing Surface products, but there's nothing in its history, or what we know so far, that leads me to be confident that the Surface Duo...

Surface教徒の理論

意訳:Surfaceらしさにお金を出したい。MS製品連携対応に期待。

Microsoft doesn't need to justify the existence of the Surface Duo
Some people think Microsoft shouldn't get the benefit of the doubt with the Surface Duo. This guest editorial from SomeGadgetGuy's Juan Carlos Bagnell disagrees...

分布

縦軸が価格(つまりスペック)横軸がOSの新しさ(先進性)。

従来AndroidスマホはOSの先進性という軸しかなかったわけですが、SurfaceDuoが目指すのはFireHDなどのGMS互換機(語弊)に近い立ち位置なのかな?

        ↑ フラグシップ価格 スペック原理主義
(Galaxy勢)   
(Surface教徒)(Android教徒)
←Surfaceらしさミッドレンジ価格Android先進性→
(Googleスマホ勢)
中華スマホ勢
↓ エントリー価格OnePlus勢

Surfaceらしさの部分は多分OSのバージョン(Android11対応)的には最新が適用されるタイミングは速いのではないかと想像されますが、それよりは、Surfaceらしさで尖ったほうが訴求するんじゃないかなぁというのがSutface教徒。

MSが考えるSurface Duoとはなにかが体現されているか

以下、私見ですが。

Surface製品群(Surface Proなど)が現在目指しているのは、マイクロソフトのクラウドサービスをどのように使わせていくかのリファレンスモデルだと思っています。

したがって、Duoが目指す路線は、Androidスマホではあるけれど、Surfaceを冠する以上、Surfaceを作ろうとしているとわたしは思っています。

NeoがWindows10X搭載で新OSを体現していく機体であるのに対し、2枚ディスプレイのスマホだからDuoなのかな?と。

ゆえに、ストレージ64GBモデルは、クラウドをサブスクライブしている人向け、256GBモデルはローカルで保存している人向けで尖っているのかな?と想像しています。

Surface Pro XSurface Pro7Surface Go2が体現するMS Officeファミリー配置図で考えると、DuoもNeoもProラインより下のモバイル路線のような気がします。

とすると、指標はSurface Go2の66,000円近辺の上下近似値じゃないかなと。

Duoはライトなモバイルとしてメーカ希望小売価格8万の実売5万台(クーポンやキャンペーン込みで)、Neoはメーカー希望小売価格12万の実売8万というところではないかなと予想しています。

タイトルとURLをコピーしました