Pixel4に搭載されるSoliテクノロジーがエグいって話

Android
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

「リーク」という現実は、主にSNSで顕在化することが多いのですが、そのリーカーの中でもひときわ異彩を放つ存在が、このIce universe氏。

情報の正確性、提供タイミング、言葉の選び方、どれをとっても只者でありません。多分、どこか関連企業の関係者じゃないかなぁ。

それはさておき。

氏は、ツイートで、フロントパネル右上の開口部に「画期的で新しく期待される価値」が詰まっていると発言しています。

では、それはなんなのか、と言う話ですが、6月13日の段階で囁かれていたウワサでは、画期的なゼスチャートラッキング技術を可能にするチップ「Soli」ではないか、と言うことになっています。

プロジェクトSoli自体は、秘密でもなんでもなく、2015年には既に公開されています。

動画をみると、より具体的な内容を理解できるので、短い動画ですし、一度、見てみることをオススメします。

Welcome to Project Soli

Soliはいわゆるレーダー技術です。

映画で見かけるレーダーは戦闘機の位置特定に使ったりするものですが、その基本的な機能は、電波を発射してその反射を取得、その結果で相対的な距離や方向を検知するというもの。

Soliでは、その機能を人体の複雑な動きを捉えるのに利用しています。

もうこの画像が、言いたいことのすべてを表現している気もするのですが、これはつまり、Soliセンサーから発射されたレーダー波で右手の動きをデジタル信号に変換しています。

デジタル信号にさえなればデータを記録できますから、ディープラーニングで、データと行動が紐づくので、スマートUIになりうるということですね。

これはつまり、ここ数年で結果を出してきている、現在のGoogleが最も得意とする「AI」の分野につながるわけです。実証研究長いね、しかし。お金持ちだなぁ。さておき。

驚異的なのは、そのチップの小ささです。

これだけの革新的なUIを実現するチップが硬貨より小さいという。

潜在的な用途なんて、途方もない可能性がありますよね。というか可能性しかない。

開発者向けの動画をみると、既に、かなりのことができることがわかります。

Project Soli: Alpha Developers Showcase

ただ、仮に、フロントパネル右上開口部にSoliレーダーが実装されたとして、どういう使い方をしていくのか、です。

スカイプでビデオ通話をするときの、対面スタイルで、何かしらを操作するゼスチャーをとることになると思うのですが、そうなると、小さい画面を見ながらというのは、少し無理があります。

となると、テレビやモニター画面につないで、ゼスチャー操作するのでは?

実際にAndroid 10 Qでは「デスクトップモードに強制切り替え」という開発者向けオプションが存在します。セカンダリモニタとつながるネイティブサポートが進行しているとすると、あながち無い話でもなさそうです。

いやいや、もしかして、ARやVRなのでは?

すこしまえですが、Qualcomm Snapdragon Smart Viewerが取り沙汰されていたりしますが、もしかすると、もしかする可能性もあるんじゃないかな?と思ってしまいます。

いずれにせよ、Soliテクノロジーは拡張現実にジャストフィットする技術だと思うので、どういう形にせよ実装されてほしいです(もう単なる希望)

タイトルとURLをコピーしました