クアルコム AR/VR 表示装置のリファレンスモデルを発表

Android
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

クアルコムがとうとうほんきをだしてしまったね。

Introducing the Qualcomm Snapdragon Smart Viewer Reference Design | Qualcomm
Qualcomm Technologies, Inc., a subsidiary of Qualcomm Incorporated (NASDAQ: QCOM) announced at Augmented World Expo (AWE) the new Qualcomm® Snapdragon™ Smart Vi...

Qualcommは、カリフォルニア州サンタクララで開催されたAWE(Augmented World Expo)で、Snapdragon XR1プラットフォームを発表。

あわせて、Snapdragon XR1に対応したリファレンスモデル Qualcomm Snapdragon Smart Viewerリファレンスデザインを発表しました。

このリファレンスデザインは、その他の提携企業がVR/ARの表示装置(いわゆるスマートグラス)を造るにあたって、こういうのを作ればいいんじゃよ?という方向性を打ち出すために、音響メーカーGoertekと共同で開発にあたったそうです。

期待が高まるわぁ‪(*´꒳`∩)‬

なお、Smart Viewerというだけあって、処理機能はそれほどなく、ビューワーに特化したスマホ向け有線拡張ディスプレイの佇まい

主な機能は以下の通り。意訳です。

  • 動きの追跡
    • 部屋規模のXR体験を可能にするために6DoF対応
    • ボディトラッキング用の2台の専用6DoFカメラを使用、外部のモーションセンサーを必要とせずに歩き回ることが可能。
  • ハンドトラッキング
    • フルオブジェクトトラッキングとジェスチャトラッキング(タップ、ズーム、ピンチ、スクロール)をサポート。
    • 仮想現実に存在する物体へのアクセスに使用。
  • アイトラッキング
    • 消費電力を削減のため視線に近い部分を重点的にレンダリング(Tobii社の視線認識技術アイトラッキングを統合して実現)
    • 視線により機能を変化させることが可能になり、極めて直感的なインターフェースを提供可能に。
  • 6DoFコントローラー
    • 6軸センサー対応コントローラー
    • VRゲームや、その他拡張現実向けアプリケーション用の映像ベースコントロール機能をサポート。
  • ディスプレイ
    • JDI社製のディスプレイパネルを使用。
    • 72Hzのリフレッシュレート。
    • 片目あたり2K解像度
  • スタンドアロンモード
    • USB-Cでホスト(スマホ)と有線接続するビューワー的利用だけでなく、すべての処理を行う「スタンドアロンモード」に対応
    • Qualcomm®Kryo™CPU、Qualcomm®Adreno™GPU、Qualcomm®Hexagon™DSP、Qualcomm®AIエンジンなどを駆使し、XR1ヘテロジーニアスコンピューティングアーキテクチャを利用することで、高性能VRアプリケーション(シンプルなゲーム、ビデオストリーミング、生産性アプリケーションなど)をすべて実行可能。
    • あ、低消費電力です。

簡単に言うと、

XR1規格にそってデザインするといいんじゃねえの?スマホにつないでもいいし、やる気があるならスタンドアローン型もなんとかしますよ?

となるでしょうか。JDIって日本の法人なんだよね。これ挽回できそう?

そのほか、Snapdragon 855を利用してさまざまなフォームファクタでAR体験を提供するXR Viewer Ecosystemも発表していますから、いろいろな角度から、続々と拡張現実関連の機器がでてくるんじゃないかな?と思います‪(*´꒳`∩)‬

AppleとQualcommは長年の係争を乗り越えて、6年間の提携関係にありますし、各社お誘い合わせの上、このビッグウェーブに乗ってもらって、来たるべき5G世界に、アインクラッドを実現して欲しいと思います(๑‾᷆д‾᷇๑)キリッ✧

タイトルとURLをコピーしました