IntelCPU、TSMCとの業務提携で、より高性能に(AMDと同等のプロセス技術に)

Android
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

TSMCの3nmはIntelの5nmプロセスにほぼ匹敵。

Report: Intel Signs Contract To Outsource CPUs To TSMC's 3nm Process
A massive claim has just been made by Taiwan's leading newspaper, DigiTimes: Intel has apparently signed a contract with TSMC to fabricate core CPU product line...

記事によれば、Intelは台湾TSMCと、2020年に3nmプロセスでコアCPU製品ラインを製造する契約を結んだようです。

そして、2022年、Intelは製品の大部分をTSMCの3nmプロセスにアウトソーシングする予定とのこと。

一方、AMDはというと、昨年の春ごろ報道された記事によれば、

現在、AMDでは売上高全体の約50%を占める製品が、TSMCの7nmプロセスで製造されている。2021年までには、ほぼ全てのAMD製品に、TSMCの最先端プロセス技術が適用されるようになるだろう。この先18カ月間で移行していくことにより、TSMCの売上高は約10億米ドル増加する見込みだ

となっています。

そうなると、2022年には、IntelとAMDのプロセス技術は同等になることが見込まれ、これによりIntelはマイクロアーキテクチャのみの強みで再び競争することになります。健全な競争が行われる世界。

このウワサが本当なら、Appleが活気づかせたARM業界のように、x86業界を活気づかせるに違いありません。(したがってしばらくはAppleシリコンが席巻しちゃうかも?)

一方、過去記事の内容(AMD CPUが供給不足になっていること)を考慮すると、TSMCの生産ライン拡充が必須になってくるので、その動向次第では、2022年に入っても、AMD CPUの供給不足が懸案事項として残る可能性も。

がんばれ!TSMC!期待してます!(❁´◡`❁)

タイトルとURLをコピーしました