Pixel5で失われるSoliレーダーによるモーションセンスは、その後Pixel Watchに移行される

Google
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

結局、実力を発揮するにはウェアラブルに行くしかないと判断した可能性。

各所で見られるようになったPixel5でのSoliレーダー搭載キャンセルの話ですが、要点をまとめると、モーションセンスをスマホで使うにはイマイチだったということになるかと思います。

Vtuber界隈では多分細かい顔の表情や、指先の動きなどでモーションセンスの普及に期待していた方もおられたのではないかと推察しますが残念です。

という話だったのですが、ここへきて、例のリストバンドだけのプロダクトに関連しそうな話題が上がってきましたのでご紹介していきます。

記事によると、先週USPTO(米国特許商標庁)によって公開された特許だとのこと。

図は見ればわかる通り、指のジェスチャーを使用してデバイスと対話することに基づくスマートウォッチ風リストバンドのデザインです。

そしてこれは、2016年にProject Soliを披露するため、Googleが使用したデモの内容と一致します。

Project soli (in Google IO 2016)

上記は、下記の図のところから再生されます。

8分30秒くらいのところからSoliを搭載しているスマートウォッチが登場します。

これが先週公開になったことから、Soli搭載スマートウォッチ「Pixel Watch」の登場がささやかれ始めたというわけです。

Apple Watchでもディスプレイ内蔵型指紋認証機能を搭載する動きやモーションを検知する試みが行われているウワサが絶えませんが、Pixel Watchに搭載されれば、お安いスマホにもモーションセンス機能がつけられる算段になりますよね。

これは期待大!続報を待ちたいところです。

タイトルとURLをコピーしました