ThinkPad X240のWi-Fiカードを交換して速くした話

Windows10
この記事は約4分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Wi-Fi4をWi-Fi5にしたった‪(*´ᄾ‪`∩)

改造ライフ

わたしのPC環境は今、ThinkPad X240なのですが、お下がりなので、かなり手をかけていろいろパワーアップしてきたのです。

例えば、

  • LTE接続出来るようにしたり
  • ディスプレイパネルをフルHDに交換したり
  • メモリを8GBに交換したり
  • HDDをSSDに換えたり

そして、何もいじるところは無くなった!パーフェクト!と思っていたのですが、YouTubeのライブ配信をするようになったら、Wi-Fiが切れやすいことに気が付きました。

理由がわからなかったのですが、わかりました。わたしのX240ちゃんのWi-Fi、Wi-Fi4でした。うっかりしてたよねー。

  • Wi-Fi 4:IEEE 802.11n
  • Wi-Fi5:IEEE 802.11ac
  • Wi-Fi6:IEEE 802.11ax

iPhone11発売のときにWi-Fi6について調べたのがここで役に立った!ヽ(=´▽`=)ノ

ThinkPad X240の通信カードを調べた

まず交換できるものなのかについては、LTE接続をさせるときにカードを取り付けたことが合ったので、出来るとは思いましたが、一応調べました。

ワイヤレスLANカードの取り外しと取り付け - ThinkPad X240s - Lenovo Support CA
ワイヤレスLANカードの取り外しと取り付け - ThinkPad X...

X240sの資料だけど、同じことだろ?(ハナホジ

業者のおっちゃんに出来てわたしに出来ない道理はないはず(根拠なし)

パーツリストからWi-Fi5対応製品を調べる

わたしのThinkPad X240に付いていた通信カードは、デバイスマネージャーで調べると

「Intel(R) Dual Band Wireless-N 7260」

であることがわかりました。

パーツリストをみると、M.2スロットに刺さるインテルの7260は全部で5つあります。

  • 04W3844
  • 04W3845
  • 04X6007
  • 04X6008
  • 04X6009

このうち、04Wではじまる子は、インドネシアSKU(ストックキープユニット)とかいてあるので、たぶん違います。

となると、04Xからはじまる子なわけですが、この中でWi-Fi5(ac)以上をサポートしそうなのは、「04X6007」しかありません。

したがいまして、Amazonで「04X6007」を検索してみます。

Amazon | Lenovo純正 04X6007/04W3806/04W6059/04X6087 Intel Dual Band Wireless-AC 7260 867Mbps 802.11ac + Bluetooth 4.0 M.2 無線LANカード 7260NGW for Lenovo Thinkpad X240 X240s T440 T440s T440p T540 T540p W540 L440 L540 E431 X1 Carbon lenovo yoga 2 pro | | ネットワークカード 通販
Lenovo純正 04X6007/04W3806/04W6059/04X6087 Intel Dual Band Wireless-AC 7260 867Mbps 802.11ac + Bluetooth 4.0 M.2 無線LANカード 7260NGW for Lenovo Thinkpad X240 X240s T...

Lenovo純正 04X6007/04W3806/04W6059 Intel Dual Band Wireless-AC 7260 867Mbps 802.11ac + Bluetooth 4.0 M.2 無線LANカード 7260NGW for Lenovo Thinkpad X240 X240s T440 T440s T440p T540 T540p W540 L440 L540 E431 X1 Carbon lenovo yoga 2 pro

ありましたw

これを手配しました。Amazonなんでもあるなーw

ThinkPad X240のお腹をひらく

X240は外部バッテリーの他に、内部バッテリーがあるので、そのまま開けるとショートして危険です。なので、まずは、内部バッテリーの設定をオフにしなければなりません。

シャットダウン後、電源ボタンを押したら、ThinkPad X240のスプラッシュが出ているうちにF1を押して設定に入ります。その後、config>Power>Disable Built-in Batteryまで進めてEnterで電源を落とします。

参考:https://korya-sugoi.com/x240s_hdd-ssd/battery/

外部バッテリーを外したら、ネジを8箇所外します。そのうち2個(ドック端子の近くとLANの近く)は外れないので、無理やりこじらないように注意です(こじった)

中はこんな感じ。今回は、右側のちっちゃい子を換えます。

2本ケーブルがつながっているので、外します。 ネジを外すと、ピョコっと起き上がってくるので外します。

あとは逆の手順です。

このケーブルを接続するのが、少しわりと結構、難しいですが、ピッタリ合わさっていれば、軽く押してもカチッと手応えがあります。手応えなかったら、合わさっていないので、位置を変えましょう。

これで866Mbps接続だー!ヽ(=´▽`=)ノ

これで、YouTubeライブ、カクカクしなくなるといいなぁ‪(*´ᄾ‪`∩)

タイトルとURLをコピーしました