Windows10 Insider Preview Build 18985 (20H1) をあてた結果

Windows10
この記事は約8分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build 18985(20H1)がロールアウトしました。引き続きFastRing向けとなります。

今回の主な機能は、以下の通り。

  • Bluetoothペアリングエクスペリエンスの向上
    • サポートされているBluetoothデバイスが近くにあり、ペアリングモードの場合、ペアリングを行うように促す通知が表示されます
  • オプションの更新エクスペリエンスの改善
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18985
Hello Windows Insiders, today we’re releasing Windows 10 Insider Preview Build 18985 (20H1) to Windows Insiders in the Fast ring. IMPORTANT: As is normal with p...

環境はThinkPad X240と、SurfacePro3。ともにBuild 18980からの更新(無線LAN環境)となります。

Thinkpad X240は、ダウンロード開始(08:20)からダウンロードとインストール完了(11:28)までで、およそ3時間8分。

そこから再起動開始しデスクトップ表示(12:24)までで、およそ合計4時間4分。

更新開始から電源再起動を数回はさみ完了します。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ2分ほどかかります。

SurfacePro3は、ダウンロード開始(08:23)からダウンロードとインストール完了(11:27)までで、およそ3時間4分。

そこから再起動開始しデスクトップ表示(11:57)までで、およそ合計3時間34分。

更新開始から電源再起動を数度はさみ完了します。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ2分ほどかかります。

更新内容としては以下の通り。

Windowsブログより転載

ビルド18985の新機能

Bluetoothペアリングエクスペリエンスの向上

Windows 10バージョン1803の場合、サポートされているBluetoothデバイスのペアリングの新しい合理化されたエクスペリエンスを発表しまし。アイデアはシンプルでした。サポートされているデバイスが近くにあり、ペアリングモードの場合、ペアリングを行うように促す通知が表示されます。これにより、設定を自分で開いたり、適切な場所を見つけたりする必要がなくなりました。今日、私たちはあなたが好むことを願って改善を伴うアップデートを展開しています。

新機能は次のとおりです。

  • ペアリングはすべて通知で行われます。ペアリングを完了するために設定アプリにアクセスする必要はもうありません。
  • ペアリング時間を短縮するために、通知を1つ少なく表示することでUIを改善しました。
  • Swift Pairの使用中に、より詳細に制御できるように、最初の通知に[閉じる]ボタンを追加しました。
  • 通知をより便利にするために、可能な場合はデバイス名とカテゴリを表示します。

Insidersが試してフィードバックを共有できることを楽しみにしています。この新しいエクスペリエンスは現在、インサイダーの50%に展開されており、ロールアウトが増加するにつれてお知らせします。サポートされるデバイスは次のとおりです。

  • Surface人間工学に基づいたキーボード
  • Surface Precision Mouse
  • マイクロソフトモダンモバイルマウス
  • Surfaceモバイルマウス
  • マイクロソフトアークマウス
  • Surface Arcマウス
  • Surfaceヘッドフォン
合理化されたBluetoothペアリングエクスペリエンス。

オプションの更新エクスペリエンスの改善

一部のInsiderが気づいたように、すべてのオプションの更新(ドライバー、機能の更新、および毎月のセキュリティ以外の品質更新を含む)を1か所で見やすくするために取り組んでいます。オプションの更新が検出されると、[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Update]> [オプションの更新を表示]の下の新しいページにリストされます。ドライバーの場合、更新する特定のデバイスのデバイスマネージャーを参照する必要はなくなりました。Windows Updateは、以前と同じようにドライバーを自動的に最新の状態に保ちますが、問題がある場合は、これらのオプションドライバーのいずれかが役立つ場合があります。

Insidersのその他の更新

Snip&Sketchアプリの更新

FastリングとSlowリングの両方で時間を費やした後、リリースプレビューリングでSnip&Sketchバージョン10.1907Insiderの 100%に展開し始めています。また、このアップデートを、小売ビルドを使用している人のごく一部に展開します。念のため、この更新には、フィードバックに基づいた2つの注目すべき改善が含まれています。

  • シングルウィンドウモード:一部のユーザーは、Snip&Sketchで[新規]をクリックしたときに以前のスニップを閉じることを好むため、多数のウィンドウが表示されることはないと聞きました。今後、これがデフォルトのオプションになります。複数のウィンドウを使用するのが好きなら、心配しないでください![切り取りとスケッチ]の設定に移動する場合、これもオプションです。
  • ズームのサポート:スクリーンショットが小さすぎて注釈を付けられない場合は、ズームインすることができます(そして、はい、タッチ、CTRL +プラス、CTRL +マイナス、Ctrl +マウスホイールがサポートされています!)小さなSnip&Sketchウィンドウも縮小して、Snip&Sketchウィンドウに収まるようにします。
スクリーンショットがウィンドウに収まるように縮小された小さなSnip&Sketchウィンドウを表示しています。

次はどのような改善が必要ですか?知らせて下さい!適切な場所に到達する最も速い方法は、Snip&Sketchの[…]メニューを選択し、[フィードバックの送信]を選択することです。

PCの一般的な変更、改善、修正

  • 新しい言語パックを追加すると、インストールが成功したと報告されたがインストールされなかった問題を修正しました。
  • ネットワークとインターネットのセクションにアクセスする際の設定の信頼性に影響する問題を修正しました。
  • 非管理者アカウントに対してプリンターエントリが正しく表示されない可能性があった問題を修正しました。テキストが重複し、クリックできません。
  • 特定のGPUでタスクマネージャーが予想外に高い温度を示す問題を修正しました。
  • タスクマネージャーが[パフォーマンス]タブでCPU使用率0%を予期せず表示する問題を修正しました。
  • デバイスのMicrosoftアカウントがパスワードなしで(Windows Helloサインインを要求し、ロック画面からパスワードオプションを非表示にすることにより)できる設定がローカルアカウントユーザーに表示される問題を修正しました。これで、設定はMicrosoftアカウントユーザーに対してのみ表示されます。
  • [このPCクラウドダウンロードをリセットする]オプションが、続行するのに十分なディスクスペースがない場合に解放するために必要なスペースの正しい量を計算しないという問題を修正しました。
  • 特定のオプション機能がインストールされている場合、[このPCクラウドダウンロードのリセット]オプションが機能しない問題を修正しました。
  • 現時点では、Realtek SDカードリーダーに関する既知の問題を削除しています。それでもSDカードで問題が発生する場合は、ドライバーの更新を確認し、解決しない場合はフィードバックを送信してください。

既知の問題点

  • ゲームで使用されているアンチチートソフトウェアの古いバージョンに問題があり、最新の19H1 Insider Previewビルドに更新した後、PCでクラッシュが発生する場合があります。パートナーと協力してソフトウェアを修正プログラムで更新し、ほとんどのゲームはPCでこの問題が発生しないようにするパッチをリリースしています。この問題が発生する可能性を最小限に抑えるには、オペレーティングシステムを更新する前に、最新バージョンのゲームを実行していることを確認してください。また、アンチチートおよびゲーム開発者と協力して、20H1 Insider Previewビルドで発生する可能性のある同様の問題を解決し、今後これらの問題の可能性を最小限に抑えるよう努めます。
  • 特定の2Dアプリ(フィードバックハブ、Microsoftストア、3Dビューアーなど)は、Windows Mixed Reality内でコンテンツが保護されていると誤って扱われます。ビデオキャプチャ中、これらの2Dアプリはコンテンツの記録をブロックします。
  • Windows Mixed Realityのフィードバックハブ経由でバグをファイリングしているときにリプロビデオをキャプチャする場合、上記の保護されたコンテンツの問題により、ビデオの停止を選択できません。再現ビデオを送信する場合は、記録がタイムアウトするまで5分間待つ必要があります。再現ビデオなしでバグを報告する場合は、フィードバックハブウィンドウを閉じて記録を終了し、[フィードバック]> [下書き]でアプリを再度開いたときにバグのファイリングを再開できます。
  • Windows Updateページの新しいセクションでオプションドライバーを表示すると、古いドライバーがダウンロード可能として表示されることがあります。受け入れられた場合、インストールを試みて失敗します。これは、この新しいUIではなく、修正されたWindows Update検出ロジックに関連するバグです。根本原因は理解されており、今後のビルドで修正プログラムが利用可能になります。

Windows Insider Webcastは9月24日に戻ってきました

Windows Insider Webキャストは9月24日火曜日に帰ってきました!Windows Insider Programの5年目の記念日について話します。その後、展開のゲストと20H1 Bug Bashのリードの1人を迎えます。

Windows Insider Mixerチャンネルで午前10時PDT /午後5時UTCにチューニングしてください!

タイトルとURLをコピーしました