ミンチークオ先生 Appleデバイスの値段と米中貿易戦争の影響を予言

Apple
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

クオ先生、最近かなりバタバタと予言してますけど、APPLの値動きが大きいからですかね?大変だね(๐•̆ ·̭ •̆๐)

それはさておき。

9to5Macで、クオ先生の新しい予言が報じられていたので見てきました。

Kuo: Apple to absorb added cost of any tariffs, invest in non-Chinese production - 9to5Mac
Reliable Apple analyst Ming-Chi Kuo is out today with a new investor note covering Apple’s supply chain and how President Trump’s latest rounds of tariffs might...

記事によれば、トランプさんが言う「9月1日から、さらに3000億ドル相当の品目に、10%関税を追加しちゃう(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ」の影響を予言しています。

結論としては、米国では「関税はAppleのハードウェア製品の価格に影響を与えない可能性がある」と考えているそうですよ!

クオ先生いわく「Appleはすでに適切な準備を実行した可能性が高い」「中短期的に追加費用の大部分を吸収する」とのこと。

つまり、米中貿易戦争がこのまま続いても、米国市場の「ハードウェアの価格と出荷数は変わらない」と予言したわけです。

先週のAppleの決算発表でティムクックさんは、すでに世界的なサプライチェーンを構築済みで、さらに他の分野にも拡大する、と言っていましたけども、その発言を受けての予言修正なのでしょうかね(๐•̆ ·̭ •̆๐)?

しかし、適切な準備ってなんだろうw

部材が高いのに値段と出荷数が変わらないって、どんな魔法?ww

Appleが関税を負担するジャパネットタカタ方式?www

あ、あと、長期的に「米国市場からの需要の大部分」を、中国以外の生産拠点で今後2年以内にを満たすことができる、とも予言しているそうです。

値動きするのは長期的な投資が実ったら、ってことになりそうですね〜

  1. iPhone
    • 生産自動化率:低
      • 中国以外の生産能力の拡大は困難
      • 2020年には、中国以外の生産拠点で米国国内需要に対応できる
  2. iPad
    • 生産自動化率:高
      • 米国の市場シェアが小さい
      • 中国以外の生産能力を拡大することで、米国国内需要に対応できる
  3. Mac
    • 生産自動化率:中
      • 中国以外の生産拠点は米国市場向けの割合が高い
      • 2021年まで、米国屋内需要に対応できない
  4. AppleWatch
    • 生産自動化率:低
    • 2020年以降、中国以外の生産拠点ができるだろう
  5. AirPods
    • 生産自動化率:低
    • AirPodsの内部設計をSMTからSiPに変更
      • 生産自動化のレベルが向上

タイトルとURLをコピーしました