MacbookAirを充電しながら使える!激安DAC「MH-339」をレビュー

Amazon
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
Rabadi

熟れた甘い果実。
うるとら諸島みらくる島おらくる市原産。
主に毒電波を発する事を生業とする。
人間ウォッチングが趣味。

Rabadiをフォローする

充電しながらハイレゾ音源を楽しみたい!

商品

製品名:Lavodio イヤホン変換アダプター Realtek社製スマートチップ搭載 32bit 384khzロスレス音楽出力可能 「TYPE C充電+3.5mmオーディオ出力」

型番:Model:MH-339

LINK:https://amzn.to/3Q0TxSD

パッケージ

受け取りで安心感のある郵便での配送なのでポスト投函でした。

動作環境

MacbookAir M2(デバイス) + Sony MDR-10RC(ヘッドフォン)

AppleMusicってロスレスハイレゾがあるじゃないですか。

あれって24ビットの192kHzなんですよね。

MacBookAir M2のヘッドフォンジャックは、最高で32ビット96kHzなので、フルスペックじゃないんですよね。(96kHzで充分な解像度なのはさておき)

お手軽にロスレスハイレゾを体験したい!とおもってDACをAmazonで検索すると、8,000円とかするんですよね。

そんな中、発見したのがこの製品。

1,880円で32ビット384kHzまで対応ってヤバない?ということでポチってしまいました。

ヘッドフォンは、我が家で唯一のハイレゾ対応機「Sony MDR-10RC」で対応します。やっと本領を発揮してあげられる😃

製品の質感

まず、製品の質感はゴージャス。プラスチックではありません。

高級感があり満足感も上々です。

コード接続部分は保護のためのシリコンで覆われていて、耐久性は高そうに見えます。

利用感

MacBookAir M2に装着し、ヘッドフォンジャックにプラグをさした後、オーディオ装置として認識します。

認識パターンは、16ビット、24ビット、32ビットに、それぞれ、44.1kHz、48.0kHz、96.0kHz、192.0kHz、384kHzが選択できる様になっていました。

音質

音質テストは、もともとの動機である、AppleMusicで行いました。

ロスレスハイレゾの曲探しは、よくわからなかったので、定番の宇多田ヒカルさんの楽曲から、「Automatic」を選択。聴き慣れているので違いがわかるのではないかという。

対象の音質は、AAC Bluetooth(AirPodsPro)ロスレス(24ビット/48kHz)ハイレゾロスレス:24ビット/192kHzと設定を変えつつ、ダウンロードしなおし、都度、聴いてみるスタイル。

結果、私の耳で感じたところによれば、ロスレスハイレゾは、他と比べて、背景の音がクリアで、広さがあり、ボーカルもスッキリとして伸びがあるイメージ。

かなり好感触です。

ちなみに、MacBookAir M2のヘッドホンジャックでも同じ様に聞いてみたのですが、似た様な広がりは得られるものの、若干広がりが狭い気がしました。

充電しながら装着できる

Apple純正の67W電源アダプタで電源を供給しながら2時間ほどテストしましたが、特に不備的な動作はしませんでした。(噂によると音切れすることがあるらしい)

加熱もありませんし、使ってみないとわからないものですね。

USB PDは60Wまでの対応となっていますが、65W近く出ていました。

充電しながら機器を接続できるってことは、外出先では貴重なUSB-Cポートを無駄にせずハイレゾロスレスに対応できるってことです。

これ、控えめに言って最&高じゃないですか?

まとめ

かなりの満足感があります。

正直、「ロスレスハイレゾ言うても、そんな変わらんやろ、知らんけど!」とか思っていましたが、明らかに広くて綺麗な音になる感じです。

これ、もっとお高いDACだと、もっともっと違うのかな?とか新たなる疑問が発生したんですけど、そうか、これが沼なのですね、わかります。

ヤバw

タイトルとURLをコピーしました