Lenovo 新型ノートX390を発表 Yogaモデルも

Windows10
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

わたしの愛機(しらんがな(笑))である「X240」の現行最新機種「X280」が、12.5インチから13.3インチにアップグレードされたX390が発表されました。大きさもお値段も据え置きです。

360度開くタイプで、クラムシェルスタイルだけでなく、いわゆる「タブレットスタイル」「スタンドスタイル」「テントスタイル」を楽しめるX390 Yogaも合わせての登場です。

ベゼルが細い
ThinkPad X390 13Inch 360 Animation Tour
ヒンジの構造が違うだけに見えなくもない
ThinkPad X390 Yoga 13.3Inch 360 Animation Tour

いずれも第 8 世代インテル®Core™プロセッサー、例によってvPro対応を搭載、プライバシーガード液晶、物理ウェブカメラシャッター、指紋認証、顔認証などのセキュリティー機能に加え、自己修復機能を備えた最新のBIOSに刷新。

無線LANは、X390がWiFi5、X390 YogaがWiFi6 Gig+をサポートします。

4メートルの有効範囲をもつデュアルマイクなど、テレカン用途にも使える機能もあるX390シリーズの気になる発売は、X390が2019年4月(999ユーロ)、X390 Yogaが2019年5月(1149ユーロ)と(どちらもEU圏)で報道されています。

日本での発表/発売は、いまのところ未定だそうです。

タイトルとURLをコピーしました