新型Surface Proにはクアルコムの8cxが搭載されるかもとウワサに

Windows10
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

欧州やアジアを中心に、新型Surface ProにクアルコムのSnapdragon 8cxが搭載されるとウワサになっています。

Surfaceの話題といえば「2020年に登場するとされている2画面フォルダブルSufaceがAndroidアプリを対応するらしい」あたりがホットですが、一方、2019年の新型機についてもウワサが出回り始めたという流れです。

プロジェクトのコードネームはエクスキャリバーだと言われています。ウソ臭い名前過ぎて吹くレベルウワサの域をでない情報、ではありますが、MicrosoftがIntel以外のベンダーと協業するというのは、もっともらしいウワサが以前からあり、流れ的に無視できない感もあります。

おそらく、もとになっているのはこちらの記事で、このサイトは以前から一貫して、マイクロソフトがLiteOSなるものを開発していると言い続けているサイトです。

Microsoft Looks to Diversify Chips in Upcoming Surface Products | Petri
Microsoft is planning a hardware event for later this year where the company may announce new devices based on chips by companies other than Intel.

実現すれば、Snapdragon 8cxは、core i5のSurfaceと同等程度のパフォーマンスと言われていますから、普及モデルに存在感を示すことになると思われます。

真偽は後にわかるとしても、ロマンですよね。夢がある。うん。

タイトルとURLをコピーしました