Androidの音声文字変換アプリが正式リリース

Android
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Google I/O 2019の時も話題になりましたが、音声認識データセットの小型化により実現した声を文字に変換するアプリが、正式版としてリリースしました。

なんと、同じアプリの記事を今回で3回もかいているのですが、そろそろお役立ちアプリとして機能が揃い始めたので、動画撮ってきましたので、よろしければ見てください。

Google音声文字変換アプリを試す

今回、新たに追加になった機能としては「音声文字変換の保存」と「会話以外の音声イベントにラベルを付ける」です。保存機能については3日間保存するとのことです。

動画を見ていただくとわかるのですが、音声をテキストに起こす機能はかなりの精度です。

聞きながら起こすのとはおそらく速度も精度も段違い。

音楽やギター、ノックの音を、環境音として認識していることがわかります。認識してる以上は誤認もしなくなるわけですよね。よくできてる‪(*´꒳`∩)‬

書き起こされたテキストは長押しで選択状態になります。

選択状態にするとメニューがポップアップ。選択エリアをコピーできます。

これで書き起こしは楽勝!!ꉂ(σ˃̶̀ꇴ˂̶́)σ✧

・が縦に3つのマークのところをタップすれば、翻訳デフォルトブラウザで開く検索ができます。わたしの Pixel 3 XL ちゃんにはEdgeが入っているのでEdgeになっています。

映画見ながら、わからない言葉を調べるとき、これ神過ぎる気しかしないのですけど。

これはもうこのためにAndroid持っててよかった感あるわーわたし的に‪(*´꒳`∩)‬

タイトルとURLをコピーしました