ところでWindows 10Xってなんなの?

Windows10
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

なんてよむんだよこれっていう。

Windows10Xってなんなの?

簡単に言うと、デュアル画面向けOSです。

ASUS、Dell、HP、Lenovoなどのサードパーティでも採用されます。

そうです、あれです。画面が変なアレ。

Windows10X(ういんどうず・てん・えっくす)とは

じゃぁその革命的なNeoやDuoに搭載されるWindows10Xってなんなの?

WindowsRT?Windows10sの仲間?

いえ、ちがいます。

Windows10Xは、OSの軸になる部分がOneCoreというもので構成された謂わばOneCoreファミリーで、あくまでも2画面PC特化型スキンです。

Androidと考え方は似ていますね(Androidで言うところのカーネルとスキンの関係)

Xbox OneがOneCoreテクノロジで動いているといえばわかりやすいでしょうか。

Xbox Oneは、OneCoreテクノロジで書いたゲーム向けOSが動いていて、ゲームの起動、ひいては購入、ダウンロードに特化している、というわけです。

繰り返しになりますが、Windows10X2画面PC特化型スキンです。

マイクロソフトさんによると

Windows 10X is the best of Windows 10 built to enable unique experiences on multi-posture dual-screen PCs. We have taken the Windows 10 that customers know and love and built Windows 10X in a way that marries the familiar with the new.

Windows10Xとは、複数の姿勢を持つデュアルスクリーンPCで、ユニークな体験を可能にする、Windows10のベストなビルドです。Windows10Xは、お客様が使い慣れ、愛用しているWindows10と結婚するかのような方法で構築しました。

https://blogs.windows.com/windowsexperience/2019/10/02/introducing-windows-10x-enabling-dual-screen-pcs-in-2020/#A5IjMlRB8tBejcpq.97

うまいこと言ったつもりか?

・・・。

・・・・良い‪(*´ᄾ‪`∩)

マイクロソフトさんによれば、現在Windows10を利用しているのであれば、Windows10Xは、ほとんど習得時間なしで利用できる!と言い切っておられます。

Windows10X PCのナビゲーションや機能は、Windows10で使い慣れたものが、ほとんどそのままなので、Windows10ファミリーとして自然に受け入れることが出来るとのこと。

しかし、それは見た目がそうであるだけで、それを実現するには、最適化を実行する必要があったとのことですよ?たいへんね‪(*´ᄾ‪`∩)

Windows10Xでは、多姿勢、あるいはモバイルに特化した利用について最適化したそうで、まずは、従来の1つの画面ではなく2つの画面を駆動できるバッテリ持続時間が必要だったとのこと。

そのためには、Windows10X OSが、バッテリーを一元管理する必要がありました。

膨大なWindowsアプリ群のバッテリーを管理できるようにするのはさぞかし骨が折れる作業だったでしょうねえ・・・‪( ;ᯅ; )

で、一方で、現在のWindows10ユーザーが期待する速度、パフォーマンスはクリアする必要もあります。

この目標を達成するため、マイクロソフトは、Windows10で数年進めてきた「方向性」を、さらに進化させました。

それがOne Coreテクノロジです。

One Coreテクノロジ

ところで、現状のWindows10には、様々な業界で様々なデバイスを機能させる共通のテクノロジが搭載されているそうで、マイクロソフト社内では、これを「One Core」と呼んでいます。

で、すでにマイクロソフトは、このOne Coreテクノロジを利用し、デスクトップPC、Xboxコンソール、HoloLensを作っています。

Windows10Xもこの、One Coreテクノロジーで構築されているというわけですね。

One Coreテクノロジ配下で、従来のWin32アプリケーションを実行するためコンテナ技術を採用。(GooglePlayもコンテナなのでしょうね)

さらなるコンポーネント化、および追加投資を行い、その結果、幅広い入力タイプ、ハードウェアのマルチな姿勢に対して、より柔軟に対応する力を提供できるようになり、一方、Windowsアプリケーションのバッテリー管理を行うことに成功しました。

Windows10Xのメリット

OneCoreの利点は、拡張性だけではありませんよ?

One Coreテクノロジ自体が革新的な発展をした場合でも、共有テクノロジであるため、One Core上に構築されたデバイスなら、迅速に導入できるというメリットが!

つまり、対応デバイスが膨大な数になっても、最新の技術、最新のセキュリティを、迅速に提供できるようになるというわけです。

っていうか、もう、これ気が遠くなる話だね?

よく腐らずに続けてこれたなぁって。思うよね?‪(*´꒳`∩)‬

マイクロソフトさん偉い!

タイトルとURLをコピーしました