Windows10 Insider Preview Build 18975 (20H1) をあてた結果

Windows10
この記事は約11分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build 18970(20H1)がロールアウトしました。引き続きFastRing向けとなります。

Save the Date: The 20H1 Bug Bash is coming!

20H1 Bug Bashの開催が告知されました。9月25日から10月2日に行われるようですが、近いうちに詳細が共有されるとのこと。

ちなみにBug Bashとは、Insiderユーザー参加型のバグ検証機能のこと。

バグを発見するための操作手順などが「クエスト」として公開、ユーザーは手順通りに操作してバグが発生しないかを確認し、あるいは、さまざまな検証を行うことで、より積極的に協力できるというもの。

要はユーザー参加型のバグだし大会です。

以前のバグバッシュクエストでは、

  • LIMITED TIME Quests
    • 24時間ごとにバグのお題が変わる
  • ADVANCED Quests
    • システム構成の変更が伴う場合はクエスト完了後に元に戻す方法を理解していることが求められる
    • 上級者向け

などがあったそうです。たのしみですね。

今回の主な機能は、以下の通り。

  • Cortanaウィンドウを移動する機能の紹介
  • Linux(WSL)のWindowsサブシステムの改善
  • [WSL2]ローカルホストの信頼性に関するいくつかの問題を修正しました[GH 4340]
  • PowerToysの最初のプレビューとコードリリースを発表
  • 仮想デスクトップの名前変更に関する更新
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18975
Hello Windows Insiders, today we’re releasing Windows 10 Insider Preview Build 18975 (20H1) to Windows Insiders in the Fast ring.   NOTE: If you have Centennial...

環境はThinkPad X240と、SurfacePro3。ともにBuild 18970からの更新(無線LAN環境)となります。

Thinkpad X240は、ダウンロード開始(21:36)からダウンロードとインストール完了(23:17)までで、およそ2時間46分。

そこから再起動開始しデスクトップ表示(0:11)までで、およそ合計2時間35分。

更新開始から電源再起動を数回はさみ完了します。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ2分ほどかかります。

SurfacePro3は、ダウンロード開始(21:36)からダウンロードとインストール完了(22:57)までで、およそ1時間21分。

そこから再起動開始しデスクトップ表示(23:30)までで、およそ合計1時間54分。

更新開始から電源再起動を数度はさみ完了します。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ2分ほどかかります。

更新内容としては以下の通り。

Windowsブログより転載

ビルド18975の新機能

Cortanaウィンドウを移動する機能の紹介

新しい会話コルタナの経験、我々はあなたがチャットが時々続けるたいことを理解し、そしてあなたが前後に長い必要があるとしている場合、それはドッキング持っていることを好むだろうどこウィンドウのデフォルトの位置は、常にではありません。そのため、他のウィンドウと同じように、(タイトルバー領域をドラッグして)ウィンドウを画面上の任意の場所に移動できるオプションを展開し始めています。必要に応じて、ウィンドウのサイズを変更することもできます。現在、この変更は新しいCortanaエクスペリエンスを備えたInsiderの50%に展開されており、エクスペリエンスの品質を検証しながらロールアウトを継続します。

Cortanaのウィンドウを小さくしたり、移動したりする機能のデモ。

Linux(WSL)のWindowsサブシステムの改善

最新のInsider PreviewビルドでWSLの最新の改善点をご覧ください

(※[WSL2]ローカルホストの信頼性に関するいくつかの問題を修正しました[GH 4340]

Insidersのその他の更新

PowerToysの最初のプレビューとコードリリースを発表

昨日、PowerToys for Windows 10の最初のプレビューとコードリリースを発表しました。この最初のプレビューには、WindowsキーショートカットガイドとFancyZonesというウィンドウマネージャーの2つのユーティリティが含まれています。詳細については、この記事をご覧ください

PowerToysロゴの表示。 レトロ/ピクセルアートデザインスタイル

仮想デスクトップの名前変更に関する更新

仮想デスクトップの名前を変更する機能が、ファーストリングのすべてのInsiderで利用できるようになりました!これを要求するフィードバックを共有してくれたすべての人に再び感謝します。

開始するには:

  1. タスクバーのタスクビューアイコンを選択するか、WIN + Tabを押して、タスクビューを開きます。
  2. [新しいデスクトップ]を選択します。
  3. デスクトップ名(「デスクトップ1」)を選択すると、デスクトップ名が編集可能になるか、デスクトップのサムネイルを右クリックすると、名前の変更エントリを含むコンテキストメニューが表示されます。
  4. 好きな名前を入力して、Enterキーを押します。
  5. できた!
上記のように、仮想デスクトップに名前を追加する機能のデモ。

PCの一般的な変更、改善、修正

  • 「Bluetoothおよびその他のデバイス」および「プリンターとスキャナー」が最後の2フライトで正しくレンダリングされないという問題を修正しました。
  • ポーランド語を含む特定の表示言語を使用するInsiderの起動時に検索がクラッシュする問題を修正しました。
  • 最近のビルドにアップグレードしようとすると、一部のInsiderがエラー0xC0000142を受け取るという問題を修正しました。
  • 一部のInsiderがさまざまなFile Explorerの設定が予期せず変更され、場合によっては修正できなかったことを発見する最近の問題を修正しました。これは、File Explorerのナビゲーションペインの可視性、ナビゲーションペインがすべてのフォルダーを自動的に表示するオプション、およびドライブ文字を表示することに影響しました。この修正により発生が停止されますが、影響を受けた場合は、ファイルエクスプローラーでこれらの設定を目的の状態に戻す手順を実行する必要があります。
  • 特定のアプリでタイトルバーの最小化、最大化、閉じるボタンが機能しないという問題を修正しました。
  • アップグレード後のセットアップページを表示したくない場合は [通知設定]でオフにする新しいオプションを追加しました。注:この設定ページを表示できるユーザーにのみ表示されます。
  • タッチキーボードを使用して韓国語を入力するときのテキスト候補リストの順序が逆になる問題を修正しました。
  • ライトテーマを使用する場合、中国語のピンインIMEツールバーが明るくなるように更新しました。
  • 特定の種類のテキストフィールドでテキスト候補を最初に選択しようとしたときに、中国語のピンインIMEが応答しないという問題を修正しました。
  • HDRを有効にすると、マウスカーソルが透明になって見えなくなる問題を修正しました。
  • MSペイントがバックグラウンドで開いている場合、矢印キーを使用すると、MSペイントがフォーカスされていないにもかかわらず、マウスカーソルの位置が変わるという問題を修正しました。
  • アラビア語またはヘブライ語でPCを使用する場合の問題を修正しました。win32アプリを最大化すると、タイトルバーが1秒間反転して左ではなく右に閉じるボタンが表示されることがありました。
  • 前のフライトのアクションセンターの信頼性に影響する問題を修正しました。
  • リモートセッションから予期せずログアウトされる可能性のある、リモートデスクトップ上の潜在的なメモリ不足の問題に対処するために、いくつかの調整を行いました。
  • OOBE中にWindows Helloをセットアップできないという問題を修正しました。
  • アップグレードロジックを更新して、今後、スケジュールされた最適な最適化設定がアップグレード時に保持されるようにしました。これについてのフィードバックを共有してくれた人々に感謝します。
  • ユーザーがリモートデスクトップセッションからログアウトする可能性があるメモリ不足の問題に対処するために、いくつかの改善を行いました。
  • 最近のフライトで携帯電話の信頼性に影響を与え、使用中に一見ランダムにクラッシュする問題を修正しました。
  • デバイスを回転させた後、ペンを使用してスクリーンショットを撮るときに、スクリーンショットが予期した方向にならない可能性がある問題を修正しました。
  • スクリーンショットが予期せずブラックアウトされる可能性のあるスニップを撮影するときの問題を修正しました。
  • 拡大鏡のUIを虫眼鏡に変更してビューポートに表示するオプションを削除しました。このオプションがあなたに役立つかどうか、そしてその理由を聞いてみたいと思います。
  • 拡大鏡の読み取りは、より多くの場所での読み取りをサポートするようになりました。
  • ユーザーが「テキストを大きくする」または「すべてを大きくする」設定を調整したときに拡大鏡UIが正しく拡大縮小またはサイズ変更されないいくつかの問題が解決されました。
  • ユーザーがログインしてからMagnifierを再起動するまで、一部のMagnifierホットキーを使用できないという問題を解決しました。
  • ユーザーアカウント制御がアクティブなときに、拡大鏡がドッキングされ、レンズモードがフルスクリーンモードに変わる問題を解決しました。
  • テキストカーソルは表示されるが、テキストカーソルインジケーターは表示されないというメモ帳の問題を解決しました。
  • テキストカーソルインジケーターにより、ユーザーがダブルクリックしてテキストを選択できないというメモ帳の問題を解決しました。
  • 簡単モード設定のテキストカーソルインジケータープレビューが、ダークモードが有効になっていると使用できない問題を解決しました。
  • テキストカーソルインジケーターがランダムに黒で塗りつぶされる問題を解決しました。
  • 特定のダイアログを読むときにナレーターが早く停止する問題を修正しました。
  • ユーザーのフィードバックに基づいて、Outlookでメッセージを矢印で移動する際のナレーターの読書体験を強化しました。重要度列が読み取られるとき、「重要」ヘッダーは常に高または低の前に話されます。メッセージにフラグが付けられている場合、その列の情報は重要度列の最後ではなく直後に読み上げられます。
  • 特定のシナリオでナレーターがエラー音を再生しなかったバグを修正しました。
  • ナレーターのリンクとスクロール音の音量を上げました。
  • ナレーターページの概要がChromeブラウザーで機能していなかったバグを修正しました。
  • サインイン前の設定のみが設定されている場合、サインイン後に支援技術(ナレーター、拡大鏡、NVDAなど)が開始されるバグを修正しました。
  • ナレーターは、ウィンドウタイトルを読んだり、提案されたコンテンツを提示したりするために、構成された点字ディスプレイに「フラッシュメッセージ」を提示しています。
  • ナレーターは、テーブルをナビゲートするときに期待どおりに構成された点字ディスプレイにセルのコンテンツを表示するようになりました。

既知の問題点

  • [このPCクラウドダウンロードをリセットする]オプションは、続行するための十分なディスク領域がない場合に、現在解放する必要がある正しい容量を計算していません。修正プログラムが利用可能になるまでこれを回避するには、プロンプトが表示されている以上の5GBを解放してください。
  • 特定のオプション機能がインストールされている場合、[このPCクラウドダウンロードのリセット]オプションは現在機能していません。プロセスが開始されますが、エラーが発生し、変更をロールバックします。この問題を回避するには、クラウドダウンロードオプションを試す前にオプション機能を削除します。この問題が解決されたらお知らせします。オプションの機能は次のとおりです。Windows10のEMSおよびSACツールセット、IrDA赤外線、印刷管理コンソール、RAS接続マネージャー管理キット(CMAK)、RIPリスナー、すべてのRSATツール、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)、Windows FAXおよびスキャン、Windowsストレージ管理、ワイヤレスディスプレイ、WI SNMPプロバイダー。
  • ゲームで使用されているアンチチートソフトウェアの古いバージョンに問題があり、最新の19H1 Insider Previewビルドに更新した後、PCでクラッシュが発生する場合があります。パートナーと協力してソフトウェアを修正プログラムで更新し、ほとんどのゲームはPCでこの問題が発生しないようにするパッチをリリースしています。この問題が発生する可能性を最小限に抑えるには、オペレーティングシステムを更新する前に、最新バージョンのゲームを実行していることを確認してください。また、アンチチートおよびゲーム開発者と協力して、20H1 Insider Previewビルドで発生する可能性のある同様の問題を解決し、今後これらの問題の可能性を最小限に抑えるよう努めます。
  • 一部のRealtek SDカードリーダーは正常に機能していません。私たちはこの問題を調査しています。
  • 一部のインサイダーでは、ビルド18967+でnetprofmsvc.dllでデッドロックが発生する場合があります。これにより、ビルドが98%でフリーズするか、既にビルドを使用している場合、システムのさまざまな側面が予期せずフリーズして応答しなくなることがあります。修正に取り組んでおりますので、しばらくお待ちください。
  • このビルドに更新した後、新しい言語パックを追加するとインストールは成功したがインストールされていないという問題を調査しています。
  • このビルドには、特定のローカルエクスペリエンスパック(LXP)が英語に戻るという問題があります。修正に取り組んでいます。
  • 特定の2Dアプリ(フィードバックハブ、Microsoftストア、3Dビューアーなど)は、Windows Mixed Reality内でコンテンツが保護されていると誤って扱われます。ビデオキャプチャ中、これらの2Dアプリはコンテンツの記録をブロックします。
  • Windows Mixed Realityのフィードバックハブ経由でバグをファイリングしているときにリプロビデオをキャプチャする場合、上記の保護されたコンテンツの問題により、ビデオの停止を選択することはできません。再現ビデオを送信する場合は、記録がタイムアウトするまで5分間待つ必要があります。再現ビデオなしでバグを報告する場合は、フィードバックハブウィンドウを閉じて記録を終了し、[フィードバック]> [下書き]でアプリを再度開いたときにバグのファイリングを再開できます。

日付を保存:20H1 Bug Bashが来ます!

私たちは、9月25日から、このバグのbashを実行することを計画している番目の 10月2日にNDの詳細が最新に近い共有する必要が-we’ll。

タイトルとURLをコピーしました