Android GSI 10がロールアウト

Android
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

すこしマニアックな話なので、わかる人向けに。

Android Generic System Images (GSIs)  |  Android Developers

Googleが、Android GSI 10をロールアウトしました。

今年のはじめくらいからGoogleが話題にしていたGeneric System Image(GSI)は、Android Q Beta 4で、Pixelシリーズに実装されたもので、「Dynamic System Updates」とも呼ばれています。

これは、ADBから操作することで、Trebleがサポートされているデバイスに、一時的なシステムパーティションを作成できるもので、GSIは、いわゆるライブブータブルLinuxディストリビューションのように動作します。

ただし、現時点ではPixelシリーズで最適に動作するとされています。

開発またはテストなどを目的にGSIを利用した後、デバイスを再起動することで、オリジナルブートパーティションにあるAndroidを起動することができます。

つまり、安全性を確保しつつ最新ROMの実機テストを行うことが可能になる上、再起動するだけで実機の元のビルドに戻ることが可能になります。

Googleは、GSIは開発者向けであることを明言していますが、理論上、ブートローダーをアンロックせずにカスタムROMを安全に起動できる環境を構築することが可能で、一部の諸兄には注目を浴びています。

現在、提供されているのは以下の3種類です。

  • ARM64システム用のAndroid 10 AOSPビルド
  • x86システム用のAndroid 10 AOSPビルド
  • ARM64システム用のAndroid 10 AOSPビルドにGoogleサービスをバンドルしたもの

例の界隈がザワっとするし始めると思いますので、来たるサポート停止後の世界に向けて準備をしておくと良いでしょう。

ソース:https://developer.android.com/topic/generic-system-image/releases

タイトルとURLをコピーしました