Windows10 Insider Preview Build 18932 をあてた結果

Windows10
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Windows10 Insider Preview Build 18932 がロールアウトしました。引き続きFastRing向けとなります。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18932
Hello Windows Insiders, today we are releasing Windows 10 Insider Preview Build 18932 (20H1) to Windows Insiders in the Fast ring. IMPORTANT: As is normal with ...

環境はThinkPad X240と、SurfacePro3。ともにBuild 18922からの更新です。

アップデートは正常終了しました。

Thinkpad X240は、ダウンロード開始(9:53)からデスクトップ表示(11:48)までで、およそ1時間55分。ダウンロードとインストールが、およそ1時間36分。更新開始から途中2回の電源再起動をはさみ完了します。

Lenovo Vantageは起動可能です。

SurfacePro3が、ダウンロード開始(9:30)からデスクトップ表示(11:20)までで、およそ1時間50分。ダウンロードとインストールが、およそ1時間28分。更新開始から途中2回の電源再起動をはさみ完了します。

どちらも無線LAN環境です。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ3分ほどかかります。

内容としては以下の通り。

  • アイコントロールの改善
    • ドラッグアンドドロップ:マウスのドラッグアンドドロップがEye Controlに実装
      • クリックとドラッグをShiftとCtrlの修飾キーで組み合わせることができるように
    • 一時停止:一時停止操作が改善
      • 一時停止ボタンを選択するとランチパッドが完全非表示に
        • 目を少し閉じたり、画面から目をそらしたりすると、ランチパッドが再び表示されます。これにより、ビデオを見るのと同じように、フルスクリーンのコンテンツを途切れることなく表示できます。同様に、視線制御機能を作動させることなく視線対応アプリケーションを使用することもできます。これは、最近起動したEye Firstアプリケーションを再生する場合に便利です。
    • スイッチのサポート:この方法では、ターゲットを選択するのにdwell(一定時間目をそこに維持すること)が使用されますが、ボタンをクリックすることはスイッチで行われます。現在ジョイスティックのスイッチ、またはジョイスティックをエミュレートするデバイスがサポートされています。
    • 独自の視線対応アプリケーションを開発したい人は、Windows Community ToolkitのオープンソースGaze Interaction Libraryを使用してそれを行うことができます。このEye Controlの改訂版では、ユーザーインターフェースはGaze Interaction Libraryと同じコードを使って実装されています。
    • 設定:いくつかの新機能の有効化や、目の動きに対するシステムの応答性を変える数値のより詳細な制御が可能
  • その他のアクセシビリティの向上
    • ナレータは自動的にウェブページと電子メールを読み始める
      • ロードされたときに自動的にWebページの読み取りを開始します。
      • 主要なランドマークがある場合はそれを読み始めるか、または妥当な段落にフォールバックします。
      • Outlookおよび受信トレイメールアプリケーションで開かれたときに自動的に電子メールの読み取りを開始します。
    • 拡大鏡のUIは現在暗いテーマとテキストのサイズ変更オプションで動作します。
  • 通知設定を調整する
    • [通知バナーを表示]および[アクションセンターに通知を表示]のオプションに写真が表示される設定を表示します。
    • [通知バナーを表示]および[アクションセンターに通知を表示]のオプションに写真が表示される設定を表示します。
  • スマホ同期
    • インサイダービルドはスマホのタッチ操作をサポートしました
      • タッチ対応のPCで直接アプリを開いたり、アイテムを選択したり、リンクをクリックしたりできます。
      • 電話画面がサポートされていないか設定されていない場合は、通知をクリックすると代わりに通知フィードに移動します。
    • テキストメッセージ通知(SMS、MMS)はメッセージングノード内で引き続き利用可能です。
  • 対応環境(タッチに対応したインサイダービルドの機能要件)
    • Android 7.0以降を搭載しているAndroid携帯
    • サムスンギャラクシーS10e、S10、S10 +、S9、S9 +、S8、S8 +
    • サムスンギャラクシーA8、A8 +
    • サムスンギャラクシーノート9、ノート8
    • OnePlus 6、6T
    • BLE対応Bluetooth搭載のWindows 10 PC
    • 最小Windowsインサイダービルド18338以上
    • Androidフォンは、PCのBluetooth通信可能範囲内で、かつPCと同じネットワークに接続されている必要があります。
    null
  • 既知の問題点
    • タッチジェスチャ(スワイプ、フリック、ピンチなど)が機能しない
    • タッチはマウスのように動作するため、アプリによってはドラッグしてスクロールしようとすると動作が異なり、スクロールではなくテキストを選択することがあります。
    • 一部のゲームやアプリはマウス操作をサポートしておらず、PCからのタッチ操作も認識しません。
    • 常時表示されていると、PCに表示されている電話の画面には表示されません。
    • PCに表示されている電話の画面にブルーライトの設定が適用されない
    • スクリーンリーダーのフィードバック以外の他の音声は、PCではなく電話のスピーカーから再生されます。

Source:https://blogs.windows.com/windowsexperience/2019/07/03/announcing-windows-10-insider-preview-build-18932/#jpxoxLHaSUJkG00R.97

タイトルとURLをコピーしました