ピクセルシリーズ(Pixel3以降)に新機能がドロップ!

Android
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

12月のセキュリティアップデートがきました!デフォルトのフォントが変わってて良き。

Incoming: New Pixel Updates
The latest features for Pixel owners are here
Tons of new features are heading to Pixel phones with our latest feature drop. Take a look!

印象的な機能としては、Hold for Meとエクストリームバッテリーセーバー。

Hold for Meを通話中に使用すると、Googleアシスタントがかわりに待機、その間、他のことをしていられるという機能。グーグルはそれが平均8分の通話時間を節約するとしています。

エクストリームバッテリーセーバーは、電池の残量が心許なくなったときの機能でバッテリー寿命を伸ばすことができます。方法論としては、デバイスの速度を遅くしたり、通知を遮断してアプリをフリーズしたり、OKGoogleを無効にしたりします。それらの理由から「エクストリーム」と呼ばれています。

DuoとPhotosも改善が見られます。

Google Duoを使用すると、5GまたはWi-Fi接続を使用している限り、グループビデオ通話で画面を共有できるようになりました。

Photosに関しては、ポートレート画像を微調整できるように再設計されたエディターが搭載され、新しいダイナミックな提案で風景画像のサポートが改善されています。

Googleはまた、アダプティブサウンドアダプティブバッテリーアダプティブ充電アダプティブコネクティビティを追加しています。ただし、後者の3つの機能を利用するには、Pixel 45GまたはPixel5が必要です。

アダプティブサウンドは、環境に合わせてスピーカーの音質を調整し、「特定のアプリ」でイコライザーを調整して、周囲の音に関係なく常に音が聞こえるようにします。

アダプティブバッテリーは、外出中や使用状況に応じて消費電力を調整することでスマートフォンの寿命を少し長く保ちます。

アダプティブ充電は、バッテリーの充電速度を制御することで、スマートフォンのバッテリーの寿命を延ばします。

アダプティブコネクティビティは4Gと5Gをインテリジェントに切り替えて、実行内容に応じて電力を節約します。

新しいPixelLauncherが、古いPixelスマートフォンにも搭載されます。これにより、新しいアイコンシェイプ新しい色とフォントオプション、および新しいグリッドカスタマイズツールを利用することができるようになります。

残念ながらPixel2以前の機体ではアップデートが停止になりましたので除外されました。わたしのピクセル3XLちゃんもそろそろお暇を頂くことになっちゃうのかしら‪(*´ᄾ‪`∩)

タイトルとURLをコピーしました