Windows10 Insider Preview Build 20150 がロールアウト

Windows10
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build 20150 がロールアウトしました。Dev Channel(Fast ring)向けとなります。

Windowsブログより転載

ビルド20150の新機能

Linux(WSL)の3つの新しいWindowsサブシステム機能:GPUコンピューティング、WSLインストール、WSLアップデート

このビルドには、3つの新しいエキサイティングなWSL機能が含まれています。1つはGPUコンピューティングです。これは、LinuxバイナリがGPUを利用できるようにする機能です。これにより、より多くの機械学習開発とデータサイエンスワークフローをWSLで直接実行できます。次に、新しいコマンドを追加しました:1つのコマンドだけでWSLをインストールできる `wsl –install`。最後に、WSL 2ディストリビューションで使用されるLinuxカーネルのバージョンを簡単に管理できる `wsl –update`を追加しました。これらの発表の概要を確認するには、Windowsコマンドラインブログのこの投稿をご覧ください。また、WSLでのGPUコンピューティングの詳細については、Windows開発者ブログのこの投稿をご覧ください。

WSL 2内でMLトレーニングスクリプトを実行するTensorFlow Dockerコンテナと、GPUアクティビティを示すタスクマネージャ。

Insiderの他の更新

マップアプリでのマップデータの更新

今月初め、Bing Mapsチームは、新しいTomTomベースマップデータをBing MapsとMicrosoftのファーストパーティ製品に徐々に展開し始めたことを発表しました。このプロセスの一部として、TomTomからの新しいマップデータを使用するために、Dev Channel(Fast ring)のWindows Insiders用マップアプリをゆっくり更新しています。アプリの右下にある[変更提案]を選択して、マップアプリから直接、この変更の結果として発生した問題についてフィードバックを送信してください。

一般的な変更と改善

  • 今週のビルドでは、デフォルトのアプリ設定ページに新しい検索ボックスを展開し始めます。これの一環として、検索ボックスのパフォーマンスを改善するための作業を行いました。
  • Insider新しい韓国語IMEを使用できるようになりました。
  • フィードバックに基づいて、[設定]> [プライバシー]> [場所]ページのテキストを更新し、場所が使用されているときに表示されるアイコンがタスクバーに表示されることを明確にします。

修正

  • Visual Studioウィンドウが常にクリックを受け付けないという問題を修正しました。
  • [設定]> [プライバシー]の[ドキュメント]および[ダウンロード]セクションで、名前の横に壊れたアイコン(長方形のみ)が表示されていた問題を修正しました。
  • 新しいビルドのダウンロード中にWindows Updateを一時停止してから設定を閉じた場合、設定を再度開いたときにWindows Updateページが空白で表示される問題を修正しました。
  • 設定でVPNネットワークを編集するときに行われた更新が保持されない可能性がある問題を修正しました。
  • [設定]> [ネットワークとインターネットのステータス]> [プロパティ]の[コピー]ボタンが実際にコンテンツをクリップボードにコピーしない問題を修正しました。
  • データ使用量が1 MB未満の場合、ネットワークとインターネットの設定のデータ使用数が日本語で正しく表示されない問題を修正しました。
  • サウンド設定を開いたときに一部のInsiderで発生していたクラッシュを修正しました。
  • ドライブの最適化ウィンドウの位置が高度で保持されない問題を修正しました。
  • [ユーザーの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [エクスプローラー]> [削除されたファイルをごみ箱に移動しない]のグループポリシーのタイプミスを修正しました。
  • スクリーンキーボードでテキストの予測が表示されなくなる問題を修正しました。
  • エクスプローラーでOneDriveファイルをダブルクリックすると、「Windows Defender SmartScreenがOneDriveからダウンロードしています」という通知が予期せず表示されることがある問題を修正しました。
  • リソースモニターがCPU使用率を100%を超えて表示する可能性がある問題を修正しました。
  • アップグレード後にキーボードのリストにqaa-Latnが予期せず表示される問題を修正しました。
  • 複数の入力方式を使用している場合、ログイン画面で誤ってパスワードを入力すると、キーボードがデフォルトの入力方式に戻ります(それが入力方法と異なる場合)。
  • abcモードで日本語のカーブフリック入力を使用しているときに、タッチキーボードのスペースバーのラベルを押すとラベルが消える問題を修正しました。
  • 別のアプリからWebリンクを選択した後にブラウザーがフォアグラウンドで起動しないという問題を修正しました。
  • 検索が入力された入力を受け付けなくなる可能性がある問題を修正しました。
  • [スタート]に固定した場合、Windowsセキュリティアプリタイルのサイズが中程度のときにアイコンが表示されない問題を修正しました。
  • 多数の検出があった場合のWindowsセキュリティアプリのパフォーマンスを改善するために、いくつかの更新を行いました。
  • PCのバグチェックにつながる可能性のあるいくつかの問題を修正しました。

既知の問題点

  • 一部のシステムがHYPERVISOR_ERRORバグチェックでクラッシュする問題の修正に取り組んでいます。
  • 新しいビルドをインストールしようとすると、更新プロセスが長時間ハングするというレポートを調査しています。
  • PCのアップグレード中に自動的に保存されたファイル(または[設定]で有効になっている場合は再起動)がメモ帳で再度開かなくなる問題を認識しています。ドキュメントは%localappdata%\ Notepadから復元できます。

タイトルとURLをコピーしました