Windows10 Insider Preview Build 19587 がロールアウト

Windows10
この記事は約4分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build 19587 がロールアウトしました。FastRing向けとなります。

Windowsブログより転載

一般的な変更と改善

  • フィードバックに基づいて、ボリュームをミュートした場合、ハードウェアキーボードのボリュームキーを使用しても、ボリュームを上げるまで(または手動でミュートを解除するまで)ボリュームはミュート解除されません。
  • ナレーターにいくつかの改善を加え、Windowsのいくつかのコントロールでどのように機能するかを説明しました。
    • ナレーターは、ボリュームフライアウトの[再生デバイスの選択]ドロップダウンメニューで、よりわかりやすい文字列を使用してオーディオ出力を説明するようになりました。
    • ナレーターは、最初に開いたときに、[設定]アプリケーションの[Bluetoothまたはその他のデバイスの追加]ダイアログで詳細情報を通知するようになりました。

修正

  • エクスプローラーのコンテキストメニューの[Microsoft Defenderでスキャン]の横にある新しいアイコンの背景が透明になっていない問題を修正しました。
  • デフォルトを変更しようとしたときに[設定]の[デフォルトのアプリ]ページがクラッシュする問題を修正しました。
  • 特定のアプリで検索ボックスが表示されない問題を修正しました。
  • ファイルへのパスの長さが非常に長く、パスの一部に東アジア文字が含まれていた場合、ファイルエクスプローラーからwin32アプリで一部のファイルを開けない問題を修正しました。
  • ワークフォルダー写真のサムネイルが生成されない問題を修正しました。
  • [セッション]列をタスクマネージャーの[ユーザー]タブに追加すると、特定のユーザーの詳細を展開できない問題を修正しました。

既知の問題点

  • バグチェックを受け取る原因となる問題のため、ARMデバイスからのこのビルドをブロックしています。
  • BattlEyeとMicrosoftは、一部のInsider Previewビルドと特定のバージョンのBattlEyeアンチチートソフトウェア間のオペレーティングシステムの変更による非互換性の問題を発見しました。これらのバージョンがPCにインストールされている可能性のあるInsiderを保護するために、これらのデバイスにWindows Insider Previewの影響を受けるビルドが提供されないように互換性保持を適用しました。詳細については、この記事を参照してください。
  • Chromiumに基づいてMicrosoft Edgeの最新リリースを探しているナレーターとNVDAのユーザーは、特定のWebコンテンツをナビゲートしたり読んだりするときに多少の困難を感じることがあります。ナレーター、NVDA、エッジチームはこれらの問題を認識しています。従来のMicrosoft Edgeのユーザーは影響を受けません。NVAccessは、Edgeの既知の問題を解決するNVDA 2019.3をリリースしました  。
  • 新しいビルドをインストールしようとすると、更新プロセスが長時間ハングするというレポートを探しています。
  • 一部のデバイスでは、再起動中にこのアップデートをインストールするためのバグチェック(GSOD)が発生する場合があります。これが発生した場合は、ログインして、更新プログラムをインストールする時間をスケジュールしてから、スケジュールされたインストール時間の前にすべてのユーザープロファイルをログオフしてください。その後、インストールは期待どおりに進行します。
  • [プライバシー]の下の[ドキュメント]セクションには、壊れたアイコン(長方形のみ)があります。
  • Win + PrtScnを使用してスクリーンショットをキャプチャしようとすると、画像はScreenshotsディレクトリに保存されません。現時点では、WIN + Shift + Sなど、スクリーンショットを撮るための他のオプションのいずれかを使用する必要があります。
  • 破損修復(DISM)を実行すると、プロセスが84.9%で停止するレポートを調査しています。
  • Sticky Notesウィンドウはデスクトップ上で移動できないという報告を調査しています。回避策として、付箋にフォーカスを設定するときは、Alt + Spaceを押します。これにより、移動オプションを含むメニューが表示されます。選択すると、矢印キーまたはマウスを使用してウィンドウを移動できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました