Microsoft Lite OSっていうのがあるらしい

Windows10
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

ツイッターを眺めていたら、見慣れない「Lite OS」という文字が目に入ったのでリンク先を見てきました。

ChromeOSデスクトップ過ぎて草

記事によるとこのLiteOSは、マイクロソフトが対ChromeOS向けとして開発している新OSで、今年の夏を目処に広範囲なテストを目指しているそうです。

また社内でも重要性が理解されているため「熱いペース」で開発が進んでいるとのこと。

LiteOSは、「Windows10」を難しいと感じているユーザー、つまり文字通りのライトユーザー向けで、エントリーレベルのデバイスがターゲット。

現状では、UWP(Microsoft Storeからダウンロードするアプリ)、そしてPWA(プログレッシブウェブアプリ≒モバイル向けウェブサイト)のみをサポートしているけれど、最終的には、heavy(≒Windows10)がサポートするほとんどの機能を搭載するだろう、と予想されています。

Win32アプリケーション(旧世代のインストールソフトウェア)も、コンテナ化することで実装するか、あるいはライブストリーミング(リモートデスクトップ的な手法?)を用いることもあり得る」とするものの、現状では「応答速度やメンテナンス性能に重点を置いて」開発が進んでいるとのことで、Windows10より反応速度の良いものを目指しているものと思われます。

ググると出てくる奴

マイクロソフトさんはサーフェスシリーズをはじめとしたハードウェアにも乗り出しているわけですが、この情報は、以前からウワサのあるAndromeda(アンドロメダ)やCentaurus(ケンタウルス)などがこのOSを載せてくるのかな?と思わせてくれる一定の期待値を超える情報‪(*´꒳`∩)‬

発表が待たれます。

タイトルとURLをコピーしました