Windows10 Insider Preview Build 19546 がロールアウト

Windows10
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build19546がロールアウトしました。FastRing向けとなります。

Windowsブログより転載

ビルド19546の新機能

Windows電卓のグラフ作成モードの概要

今日 (米国時間5/19) われわれはWindows CalculatorをInsiders向けにアップデートし、新しいグラフ作成モードのプレビューを提供します。グラフ作成のサポートは、Feedback Hubの機能リクエストの中でも最も多いものの1つで、この機能をユーザーに提供できることを嬉しく思っています。グラフ作成機能は、線形代数を学び始めた学生にとっても不可欠です。この機能によって、数学に対する概念の理解と態度を改善し、生徒が数学を学習できるようにしたいと考えています。

グラフにプロットされた3つの異なる方程式を示すスクリーンショットグラフにプロットされた3つの異なる方程式を示すスクリーンショット

この新機能を使用して試すことができるいくつかのことを次に示します。

  • グラフに1つ以上の方程式をプロットします。複数の方程式を入力して、プロットを互いに比較し、ライン間の相互作用を確認します。また、ニーズに合わせて線のスタイルとグラフ表示ウィンドウをカスタマイズできます。
  • 変数を含む方程式を追加します。二次変数を使用して方程式を入力すると(「y = mx + b」など)、それらの変数を簡単に操作できるため、方程式の変更がグラフにどのように影響するかをすばやく理解できます。
スライダーを使用して方程式変数を操作し、グラフ上で変化をライブで確認する方法を示すGIF。
  • グラフを分析します。マウスまたはキーボードでプロットをトレースして、グラフ上の方程式の変数間の関係をよりよく理解します。また、方程式を分析して、x切片やy切片などの主要なグラフ機能を特定することもできます。
プロットされた方程式の1つの分析を示すスクリーンショット。

フィードバックをお待ちしています!  [ アプリ]> [電卓 ]の[ フィードバックハブ]で次に表示するものを指定するか、  アプリの[バージョン情報 ]ページで[フィードバックを送信]ボタンを選択します。開発者の方は、GitHubのプロジェクトをご覧ください。私たちは常に貢献を受け付けています!#BuildTogether

Insidersのその他の更新

インデクサー診断アプリの紹介

インデクサー診断アプリは、Microsoft Storeからベータ版が入手可能になり、検索機能の理解を深めるとともに、トラブルシューティング機能と一般的なWindows Searchの問題に対するサポートを強化するために作成されました。

このツールは今後も機能が追加されて改善され続けます。いつものように、フィードバックに感謝します!このアプリは、Windows 10バージョン1809以降を実行しているすべてのユーザーが利用できます。

PCの一般的な変更、改善、修正

  • タイムラインでアクティビティが表示されない問題を修正しました。
  • 一部のOutlookの検索が機能しないという問題を修正しました。
  • 一部のタスクビューの信頼性に大きな影響を与える問題を修正しました。
  • サウンドメニューで[空間サウンド]-> [オフ]を押すとExplorer.exeがクラッシュする問題を修正しました。

既知の問題点

  • BattlEyeとMicrosoftは、一部のInsider PreviewビルドとBattlEyeアンチチートソフトウェアの特定のバージョン間のオペレーティングシステムの変更による非互換性の問題を発見しました。これらのバージョンがPCにインストールされている可能性のあるInsiderを保護するために、これらのデバイスにWindows Insider Previewの影響を受けるビルドが提供されないように互換性保持を適用しました。詳細については、この記事を参照してください。
  • Chromiumに基づいてMicrosoft Edgeの最新リリースを探しているナレーターとNVDAのユーザーは、特定のWebコンテンツをナビゲートしたり読んだりするときに多少の困難を感じることがあります。ナレーター、NVDA、エッジチームはこれらの問題を認識しています。従来のMicrosoft Edgeのユーザーは影響を受けません。
  • このPCをリセットするためのクラウド復旧オプションは、このビルドでは機能しません。このPCをリセットするときは、ローカルの再インストールオプションを使用してください。
  • 新しいビルドをインストールしようとすると、更新プロセスが長時間ハングするというレポートを探しています。
  • 一部のInsiderがエラー0x8007042bで新しいビルドに更新できないという報告を調査しています。
  • 特定の外部USB 3.0ドライブが接続された後、Start Code 10で応答しないというレポートを調査しています。
  • [ドライブの最適化]コントロールパネルは、一部のデバイスで最適化が実行されなかったことを誤って報告しています。UIに反映されていなくても、最適化は正常に完了しています。
  • [プライバシー]の下の[ドキュメント]セクションには、壊れたアイコン(長方形のみ)があります。
  • 複数のセッションに接続しようとすると、リモートデスクトップ接続がクラッシュします。
  • スニッピングはセカンダリモニターでは機能しません。
  • 東アジアのIME(簡体字中国語、繁体字中国語、および日本語IME)のIME候補ウィンドウが開かない場合があります。レポートを調査中です。この問題が発生した場合の回避策として、フォーカスを別のアプリケーションまたは編集領域に変更し、元の領域に戻してから再試行してください。または、タスクマネージャーに移動して、[詳細]タブから “TextInputHost.exe”タスクを終了することもできます。このタスクは後で動作するはずです。

タイトルとURLをコピーしました