Windows10 Insider Preview Build 18980 (20H1) をあてた結果

Windows10
この記事は約9分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build 18980(20H1)がロールアウトしました。引き続きFastRing向けとなります。

今回の主な機能は、以下の通り。

ちなみに、すごくローカルな話題で恐縮ですが、Power Shell 7 をGitから落としてインストールするとWSLは死にますw

  • Cortanaの更新
  • Windowsサブシステムfor Linux(WSL)の改善
  • インサイダー向け更新
    • オプション機能の設定セクションの改善に関する更新
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18980
Hello Windows Insiders, today we’re releasing Windows 10 Insider Preview Build 18980 (20H1) to Windows Insiders in the Fast ring. IMPORTANT: As is normal with p...

環境はThinkPad X240と、SurfacePro3。ともにBuild 18975からの更新(無線LAN環境)となります。

Thinkpad X240は、ダウンロード開始(08:42)からダウンロードとインストール完了(10:21)までで、およそ1時間49分。

そこから再起動開始しデスクトップ表示(11:13)までで、およそ合計3時間01分。

更新開始から電源再起動を数回はさみ完了します。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ2分ほどかかります。

SurfacePro3は、ダウンロード開始(08:43)からダウンロードとインストール完了(11:26)までで、およそ2時間43分。

そこから再起動開始しデスクトップ表示(12:05)までで、およそ合計3時間22分。

更新開始から電源再起動を数度はさみ完了します。

例によって初回起動のみ、パスワード入力からデスクトップ表示まで、およそ2分ほどかかります。

更新内容としては以下の通り。

Windowsブログから転載

ビルド18980の新機能

Cortanaの更新

フィードバックに応えて、すべてのWindowsユーザーがCortanaを使いやすくするための計画を実行しています。今日のビルドから始まる最初のステップとして、世界中のすべてのインサイダーにCortanaアイコンと新しいアプリが表示されます。将来のCortanaアプリの更新では、OSの表示言語に関係なく、サポートされている言語を話す場合、顧客はCortanaを使用するオプションを使用できます。現在、新しいCortanaアプリは英語(米国)をサポートしています。Cortanaはサービスに支えられているため、OSビルドの更新の範囲外で、今後数か月にわたって新しい言語を追加できます。現在小売でサポートしているのと同じ地域と言語のセットをサポートする予定です  20H1発売までに。言語の移行計画が進行するにつれて詳細を共有し、この移行期間中の忍耐に感謝します。

Windowsサブシステムfor Linux(WSL)の改善

このビルドでは、ARM64デバイスのWSL2サポートを追加しました!また、/ etc / wsl.confファイルを使用してディストリビューションのデフォルトユーザーを設定する機能も追加しました。このリリースには、レガシーWindowsシンボリックリンク(ユーザープロファイルディレクトリにあるものなど)の長年の問題など、複数のバグ修正も含まれています。

WSLで動作するsymリンクを表示します。

この最新のInsider Previewビルドの変更の詳細については、WSLリリースノートを参照してください。

Insidersのその他の更新

オプション機能の設定セクションの改善に関する更新

これらの変更は、すべてのインサイダーがFast!で利用できるようになりました。すでに試してフィードバックを共有してくれた人に感謝します。体験が今あなたに展開されているだけなら、あなたの意見を聞くのを待つことができません!すぐに要約するために、複数選択、検索を追加し、一般的にこのセクションを使いやすくするための作業を行いました。

設定で機能の追加セクションの前後を表示します。 これで、複数選択と検索ができます。

PCの一般的な変更、改善、修正

  • Outlookの特定のバージョンのインサイダーがビルドの問題の影響を受けないようにするために、前のフライトにアップグレードブロックがありました。その結果、一部のインサイダーは先週更新を確認したときにビルドを見つけられませんでした。このフライトでは削除されました。
  • 最近のビルドで発生していたnetprofmsvc.dllのデッドロックを修正しました。影響を受ける可能性のある症状には、ビルドの98%でのフリーズ、または(アップグレードできた場合)システムのさまざまな側面が予期せずフリーズして応答しなくなる可能性があります。
  • 受信した電子メール通知をクリックしてもOutlookが起動しない問題に対処するために、いくつかの作業を行いました。
  • 最近のビルドでタッチキーボードの信頼性に影響する問題を修正しました。
  • WIN +(期間)の信頼性に影響する問題を修正しました。
  • 更新されたIMEエクスペリエンスについてインサイダーが共有したフィードバックへの対応に取り組んでいる間、韓国のIMEのリテールビルドバージョンに戻ることを決定しました。
  • 過去数回のフライトで画面の切り取りの信頼性に影響する問題を修正しました。
  • 前回のフライトでログイン画面がアクリルになり、UI要素の周りに予期せず四角形が表示されることがあった問題を修正しました。
  • タスクビューで特定のアプリのサムネイルを右クリックすると、サムネイルが予期せず空白になる問題を修正しました。
  • タスクマネージャーの[パフォーマンス]タブでリムーバブルデバイスが誤ってHDDとしてラベル付けされる問題を修正しました。これらは、リムーバブルとラベル付けされます。
  • 一部のインサイダーが気づいたように、必要に応じてディスク容量を節約するオプションを提供するために、MSペイントとワードパッドをオプション機能に変換しました。それらをアンインストールするか、[設定]の[オプション機能]から再インストールするかを選択できます。
  • 検索時の[設定]の[アプリと機能]ページのパフォーマンスを改善するために、いくつかの調整を行いました。
  • アカウントの画像を更新するときに設定がクラッシュする可能性がある問題を修正しました。
  • 使いやすさの設定は、設定の同期(ローミング)に参加しなくなりました。したがって、我々は今にアクセストグルの使いやすさを取り除いた設定 ]> [ アカウント] > [ 設定を同期
  • Google ChromeやFirefoxなどのアプリケーションで拡大鏡の読み取りが機能するようになりました。
  • 「ここから読む」ボタンまたはCtrl + Alt +マウスの左クリックキーボードショートカットを使用しているときに、拡大鏡の読み取りでアプリケーションがクリックされなくなりました。
  • 左から右の言語と右から左の言語を切り替えるときにテキストカーソルインジケーターが表示されない問題を修正しました。
  • 画面の読み取り専用領域にテキストカーソルインジケーターが表示されることがある問題を修正しました。
  • [検索]編集ボックスにテキストを入力した後、[検索]編集ボックスに留まるのではなく、[スタート]メニューにテキストカーソルインジケーターが表示される問題を修正しました。
  • Outlookでメッセージを読んでいるときにナレーターでウィンドウのタイトルを読む機能を改善しました。
  • ナレーターを使用してOutlookの自動読み取りを改善し、信頼性を高めました。
  • スキャンモードでShift + Tabコマンドを使用する場合、読み取り中にナレーターを使用してメッセージヘッダーをより確実に読み取るように変更しました。
  • 冗長レベル1でリストを読むときのナレーターの冗長性を改善しました。
  • Narratorでコンテンツを編集するときに、一部のWebページの編集フィールドが設定された点字ディスプレイで適切に更新されない問題を修正しました。
  • 特定のローカルエクスペリエンスパック(LXP)が英語に戻る問題を修正しました。
  • Windowsの以前のリリースからアップグレードした後、特定のWi-Fiアダプターがロードできず(コード10エラー)、動作するように無効にしてから再度有効にする必要があるという問題を修正しました。

既知の問題点

  • [このPCクラウドダウンロードをリセットする]オプションは、続行するための十分なディスク領域がない場合に、現在解放する必要がある正しい容量を計算していません。修正プログラムが利用可能になるまでこれを回避するには、プロンプトが表示されている以上の5GBを解放してください。
  • 特定のオプション機能がインストールされている場合、[このPCクラウドダウンロードのリセット]オプションは現在機能していません。プロセスが開始されますが、エラーが発生し、変更をロールバックします。この問題を回避するには、クラウドダウンロードオプションを試す前にオプション機能を削除します。この問題が解決されたらお知らせします。オプションの機能は次のとおりです。Windows10用のEMSおよびSACツールセット、IrDA赤外線、印刷管理コンソール、RAS接続マネージャー管理キット(CMAK)、RIPリスナー、すべてのRSATツール、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)、Windows FAXおよびスキャン、Windowsストレージ管理、ワイヤレスディスプレイ、WI SNMPプロバイダー。
  • ゲームで使用されているアンチチートソフトウェアの古いバージョンに問題があり、最新の19H1 Insider Previewビルドに更新した後、PCでクラッシュが発生する場合があります。パートナーと協力してソフトウェアを修正プログラムで更新し、ほとんどのゲームはPCでこの問題が発生しないようにするパッチをリリースしています。この問題が発生する可能性を最小限に抑えるには、オペレーティングシステムを更新する前に、最新バージョンのゲームを実行していることを確認してください。また、アンチチートおよびゲーム開発者と協力して、20H1 Insider Previewビルドで発生する可能性のある同様の問題を解決し、将来これらの問題の可能性を最小限に抑えるよう努めます。
  • 一部のRealtek SDカードリーダーは正常に機能していません。私たちはこの問題を調査しています。
  • このビルドに更新した後、新しい言語パックを追加するとインストールは成功したがインストールされていないという問題を調査しています。
  • 特定の2Dアプリ(フィードバックハブ、Microsoftストア、3Dビューアーなど)は、Windows Mixed Reality内でコンテンツが保護されていると誤って扱われます。ビデオキャプチャ中、これらの2Dアプリはコンテンツの記録をブロックします。
  • Windows Mixed Realityのフィードバックハブ経由でバグをファイリングしているときにリプロビデオをキャプチャする場合、上記の保護されたコンテンツの問題により、ビデオの停止を選択することはできません。再現ビデオを送信する場合は、記録がタイムアウトするまで5分間待つ必要があります。再現ビデオなしでバグを報告する場合は、フィードバックハブウィンドウを閉じて記録を終了し、[フィードバック]> [下書き]でアプリを再度開いたときにバグのファイリングを再開できます。

8月のWindows Insiderリーダーボードが利用可能に

2019年8月の新しいWindows Insider Leaderboardでリストを突破したかどうかを確認し、新しいビルドのフィードバックを提供したり、フィードバックに賛成票を投じたり、Feedback Hubでクエストを完了したりして、来月の作戦を試みてください。

リーダーボードに参加する方法の詳細をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました