Android10のリリース日は9月3日になるというウワサ

Android
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

phonearenaによれば、Android10のリリース日は9月3日になるとのこと。

Android 10 release date confirmed: Here's when Google will release it to Pixel phones
Android 10 release date officially confirmed by Google...

記事によれば、異なる2名のサポートスタッフから、ローンチ日について「9月3日」という日付が出てきているとのこと。

1人ならまだしも2人も同じ日付を言うのだから、偶然ではないだろう、という程度のことっぽいですが( -᷄ω-᷅ )

そういえば、もう8月最終週ですが、なにも音沙汰がありませんし、9月入ってからっていうことも、なんとなく説得力がある気もします。

通例通りならIFAより先に公表しているので、9月3日でも今のところオンスケということなんでしょうけども、待ち遠しいですよね‪(*´꒳`∩)‬

Project Treble

ところでプロジェクトTrebleってご存知ですか?

Here comes Treble: A modular base for Android
Posted by Iliyan Malchev, Project Treble team lead On the Android team, we view each dessert release as an opportunity to make Android bet...
Project Treble

Project Trebleは、Android8から導入された、モジュラーベースのAndroidシステムを指す言葉で、Android OSフレームワークベンダー実装の間に新しいベンダーインターフェイスを導入することで、それ以前よりも短い工期でのバージョンアップが可能にするものです。

iPhoneとは違い、Androidではハードウェアの構成がわりと違いますよね?

それぞれメーカーの特性を出して、それが競争原理にもなっているわけですが、しかし、その差異こそがアップデートの妨げとなっていました。

そこで導入されたのがベンダーインターフェイスです。

ベンダーインターフェイスは、ベンダー実装の上位互換性が確保されているので、フレームワークのみを更新することが出来るようになったという訳です。

Android7以前は、正式なベンダーインターフェースがなく、バージョンアップの際、見直すコードがAndroid全体に及んで、場合によっては膨大な量のコードを更新する必要がありました。

Androidのハードウェア固有の部分へのアクセスを提供する、安定したベンダーインターフェイスの登場で、デバイスメーカーは、SoCなどのシリコンメーカーの追加作業を必要としなくなりました。

したがってAndroid OSフレームワークを更新するだけで、新バージョンのAndroidを迅速に提供できるようになっているのです。

ではAndroid8以降、各端末のバージョンアップが迅速に行われたかというと、そこは微妙で30%というところでした。これはそもそもAndroid8を乗せることができない端末が既に流通していたためです。

今回のAndroid10への移行スケジュールが、各メーカーでどうなるかは、企業体力や、積極度によるところですが、おそらく企業価値への影響もあることから、既にAndroid9を搭載している端末に関してだけ言えば、移行スケジュール競争があると思われます。

既にGalaxyシリーズのAndroid10は、存在しているとかなんとか、ウワサも聞こえ始めています。

Google純正のPixelシリーズがリリース日に対象になることは確定ですが、更新の順位が今後のメーカー人気度を測る材料になりそうなので、注目が集まっています。

タイトルとURLをコピーしました