ChromeOSの仮想デスクトップは76でロールアウト

Chromebook
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする
ChromeOS 76 Stable [2019.08.16]

ASUS Chromebook Flip C434にも76がRolling outしました。比較的新しい機種にも降りてきたので、ほぼほぼ行き渡ったのではないかと考えられます。

chrome://flags/#enable-virtual-desks

からアクセスし、Enabledにして利用を開始してください。

Google I/Oのセッションのひとつ、Building Apps for the Chrome OS Ecosystem (Google I/O’19)で、Chromebookの仮想デスクトップについて触れらてたのでメモしておきます。

Building Android Apps for the Chrome OS Ecosystem (Google I/O'19)

AndroidをChromeOSに移行するチームの、リーダーの一人 Stefan Kuhne 氏は、仮想デスクトップ機能は、現在、カナリアビルドで利用可能だとし、Devチャンネルでの公開は76からになることを明らかにしました。

氏は、AndroidやChromeの統合開発環境のなかで欠けているものの一つとして仮想デスクトップがあると指摘。ChromeOSのカナリアチャンネルではその機能を充分に試しているとし、76からは簡単に触れることができるとしました。

関連して、ChromeOSでマルチモニター環境を構築する際、外部モニターがHDCP(著作権保護)対応モニターである場合、映像をストリームすることが可能になった事を明かしています。

ChromeOS76のスケジュールとしては、5月17日にコミットロック、5月30日にDevチャンネルにブランチされるようです。詳細は以下の通り。

https://chromiumdash.appspot.com/schedule

また氏のチームが進めている内容として、AndroidではおなじみのARCoreInstant Appが挙げられました。

今後、すべての新しいChromeOSデバイスに、ARCoreが統合。あわせて、Instant App(ダウンロードせずにすぐに遊び始められる機能)もChromeOSに統合されるとしました。

Android Appから拡張ストレージにアクセスが出来るようになった事についても触れ、昨年からの野望だったと告白し観衆から拍手をもらう一幕も。

また、ChromeOSのファイルアプリは、それが到達できるファイルであればストレージの種類を問わず、それがAPI経由のクラウドサービス配下のファイルであってもメディアを再生することが出来るようになっているとし、これはChromeOS上でAndroidの機能を利用していると明かしました。

Androidの統合がこのように機能しているとは、驚きですね。

タイトルとURLをコピーしました