Galaxy Note 10 まとめ [2019-08-08更新] 答え合わせ

Android
この記事は約10分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

さぁ楽しい答え合わせの時間です。

答え合わせの雑感

概ねリーク情報通りで驚きはなかった感じはありますが、今回、日本語のページが用意されていることから、大手キャリアでの取扱がありそうな気配はあります。

4年縛りや半額プランがなくなったau、softbankはともかく、強気な批判をするドコモあたりがぶちかましてきそうな気配です。

2機種発表されましたが、カメラ性能や、サイズ感から、Note10+一択という雰囲気。小さいの買うならS10で良いのでは感が半端ない。

今回はPCとの連携についてかなり推している気配があり、接続した際、スマホをPCで操作できるDex画面などは、魅力的です。

この画像は拾ってきたものです。

公式情報

Source:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-note10/

インチ数、カメラ、バッテリー、RAM、ストレージ容量など、おおむね予想通りとなりました。

名前に関しても予想通りNote10、Note10+で落ち着きました。

カラバリ

カラバリについてはブラック、シルバー、グレー、レッド、ピンク5色展開でグラデーションになるとの予想でしたが、まさかのオーラなんちゃら。

Note10はピンク、レッドが限定色。Note10+はブルーが限定色です。

サイズ感

従来から少し小さめのモデルを含め2種類。どうせならもう少し小さいほうが生き残れたんじゃない?と思ってしまいますが。

カメラについて

Note10+のみ被写体深度をとらえるデプスビジョンカメラが付きます。iPhone6Sと6SPlusの関係と同じく、大きいモデルのみカメラの性能が良いパターンです。

性能については申し分なく、しかし想定の範囲内感。

Sペン関連

手書きを即座にテキスト化できるメモ機能が実装されました。筆記体などにも対応するとのことですが、日本語にはどの程度効果があるのか実機をチェックしてみたいところです。

ペン先を上に構えてのモーションを感知できる機能が入りました。

回すことでカメラの切り替え。これは正直どういう状況で使うのかわかりませんが、すごいんですかね?

上下で音量の増減。左右でスワイプ操作に対応します。

ロック解除

顔認証、超音波指紋認証に対応。従来通りです。

性能

PC連携について推していた感じがあります。

Windows10 Insider Previewにおいても、スマホ連携アプリのベータ機能対象機種にGalaxyシリーズがいち早く入ってきたことでもわかるように、ビジネスマンの外での作業はお任せくださいといったスタンスのようです。PCに前に戻ったときにスムーズにファイルのやり取りができることがかなり強く推されています。

電源まわり

ワイヤレスパワーシェアや、バッテリーの大型化、25W充電など、概ね予想通りの結果。

ウワサ

タイムライン

Galaxy Note10のウワサ情報
  • 2019-06-19
    そろそろ本格的に情報出始めたのでタイムライン化
  • 2019-06-19
  • 2019-06-19
    画面サイズなどの情報
  • 2019−06−23
    画面比率100%は諦めたようです
  • 2019-07-02
    公式が8月7日のイベントを発表
  • 2019-07-08
    新しいイベント予告ティザーを追記

  • 2019-07-11
    Galaxy Note 10 FCCを通過 bixbyボタンがないことがわかる
  • 2019−07−11
    アクティブノイズキャンセルイヤホンが同梱されそう
  • 2019−07−12
    有線45W、ワイヤレス20W充電。同梱アダプタは25W。
  • 2019-07-25
    北米、予約販売開始

    到着が8月23日に設定されているので、発売日は2019年8月23日に確定。

    https://www.samsung.com/us/mobile/reserve/

    下取りキャンペーンを実施中で、Galaxy S10(S10、S10 +、S10e)またはGalaxy Note 9のいずれかを下取りに出すと600ドルの割引。

    S9、S9 Plus、Galaxy Note 8の場合、300ドルの割引。

    Pixel 3、Pixel 3 XL、iPhone XR、Xs、Xs Max、iPhone Xの場合、600ドルの割引。

  • 2019-08-01
    レンダリング最終校

米ベライゾンCEOのHands Vestberg氏は、「今年も登場するノートおよびギャラクシーはどちらも5Gに対応する」という内容を1Q19の収支報告で発表しました。

既に米ベライゾンの5Gサービス対応として、予約が開始されているS10のことを含みで、ノートのことにもふれたという流れです。

現在、Galaxy Note 10は、画面の大きさ別に、 6.28インチのGalaxy Note 106.75インチのGalaxy Note 10 Pro、と2機種あるとされています。

名称についてはS10に習って、Note10Note10+に変更されるのではというウワサもあります。

新しいイベント予告ティザー

公式が8月7日のイベントを発表

時期

Samsung eyes Galaxy Note 10 launch on Aug. 7 in New York
The next Unpacked event will take place at the Barclays Center, the same venue as last year’s Note 9 launch, people familiar with the plans tell CNET.

ブルックリンのバークレイズセンターで8月7日に行われるとCNETが報じた

2019年8月10日説が急浮上(2019−06−10追記)。

登場の見通しとしては、Note9の発表が夏であったことから、Note10も8月頃の発表ではないかと考えられており、順調に行けば、日本でも2019年秋モデルあたりで手に入るのではないかと考えられます。iPhoneが来ると思われる冬モデルまでには出しておきたいのではないでしょうか。Fold的な観点から。

ベンチマーク

物理ボタンなし

bixbyをはじめとした各種ボタンはハプティクス(振動フィードバック)になるとのこと。

オーディオジャック

従来は存在した3.5mmオーディオヘッドセットジャックは「なくなる」とのこと。

Sペン

引き続き、リモートコントロール機能を備えたペンになるとのこと。

カメラ

5倍ズーム搭載の可能性が示唆されました。

Samsungの子会社であるSamsung Electro-Mechanicsは本日、5倍光学ズームカメラモジュールを開発したことを発表。また同社はカメラモジュールの量産を開始したと発表。

セルフィカメラは中央に画面中央に移動する可能性が出てきました。

背面カメラの位置について、iPhoneXIよりヒドいといった有名リーカーの発言がにわかに浮上。センタリングしてシンメトリではない可能性が出てきました。

左側に縦に並ぶトリプルカメラである説が浮上(上からメインレンズ、広角レンズ、ズームレンズ)

Samsung Galaxy Note 10 Pro: 360 renders [EXCLUSIVE]

画面解像度について

どちらもQHD+(2960x1440)の様子。

SoCについて

今のところSnapdragon8150が搭載されるとされており、こちらはベンチマーク35万超えというウワサがあります。

既にSnapdragon855に搭載されるモデムはX50とX24を両方搭載し、対応回線を切り替えてる買うことが可能なため、現状では、両機種とも4G&5Gで発表されるのではないかと考えられます。

OSについて

Android 9 Pie + Samsung OneUI。OneUIは概ね好評で、引き続きプリインストールされると思われます。

充電速度について

45W説は否定されました(2019−06−10追記)25Wのもよう。

45W説が浮上(2019-06-04追記)

25Wより高い電圧が来ないかもしれないという観測が追加(2019-05-04)

バッテリーサイズについて

4Gが4300mAh、5Gが4500mAh

カラバリについて

  • Black
  • White
  • Silver
  • Red(カーディナルレッド)
  • Pink

グラデーションであるという情報もあります。

タイトルとURLをコピーしました