Intelの新しいCPU 第11世代「Tiger Lake」まとめ

Windows10
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

第11世代Tiger Lakeシリーズが発表になりました。

Tiger Lakeプロセッサは、Willow Cove Coreマイクロアーキテクチャに基づいており、Intel Iris X eグラフィックスを搭載。「SuperFin」テクノロジーと呼ばれる第3世代の10 nmノードを使用して製造されます。登場は2020年末頃。

Intel SuperFinテクノロジー

インテルの10nm SuperFinテクノロジーは、Ice Lakeプロセッサーを進化させたもの。

搭載するSuperMIM(Metal-Insulator-Metal)コンデンサは、競合するプロセッサよりもはるかに長い周波数を維持でき、この改善の結果、トランジスタは、任意の電圧でより高い周波数を、あるいは逆に、どの周波数値でもより低い電圧を維持することが可能であるとのこと。

第11世代Intel Core i3、i5、およびi7モバイルプロセッサ

Intel Tiger Lakeプロセッサは、UP3パッケージ、UP4パッケージ、合わせて9つの異なるモデルが存在します。

その主力モデルであるIntel Core i7-1185G7は、i7-1065G7Uに比べ、パフォーマンスが100%向上、GPUなしの環境で1080pゲームプレイが可能になるとのこと。

UP3は4コア/ 8スレッドで構成、トップエンドモデルはシングルコアで最大4.8 GHz、すべてのコアで4.1 GHzのターボブースト周波数をサポートします。プロセッサのTDPは、全体で7〜28ワットの範囲となります。

「処理速度」「統合グラフィックス機能の改善」に加え、第11世代Coreプロセッサーには、ネイティブWi-Fi 6およびThunderbolt 4サポートが組み込まれます。

ケーブル接続したディスプレイ最大解像度は8K HDRに達し、あるいは最大4つの4K HDRディスプレイもサポートします。

パッケージ型番グラフィックスコア
/
スレッド
TDP基本周波数
(GHz)
最大
シングルコア
ターボ
(GHz)
UP3Intel Core
i7-1185G7
Intel Iris X e4/812〜28 W3.04.8
UP3Intel Core
i7-1165G7
Intel Iris X e4/812〜28 W2.84.7
UP3Intel Core
i5-1135G7
Intel Iris X e4/812〜28 W2.44.2
UP3Intel Core
i3-1125G4
Intel UHD Graphics4/812〜28 W2.03.7
UP3Intel Core
i3-1115G4
Intel UHD Graphics2/412〜28 W3.04.1
UP4Intel Core
i7-1160G7
Intel Iris X e4/87〜15 W1.24.4
UP4Intel Core
i5-1130G7
Intel Iris X e4/87〜15 W1.14.0
UP4Intel Core
i3-1120G4
Intel UHD Graphics4/87〜15 W1.13.5
UP4Intel Core
i3-1110G4
Intel UHD Graphics2/47〜15 W1.83.9

Source

タイトルとURLをコピーしました