Windows10 Insider Preview Build 19035 (20H1) がロールアウト

Windows10
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
がおう 名誉終身平社員

にゃぁ㌠技術担当です。
主にメーカー系のニュースを監視しています。
どちらかというと3日目東館がすきな方。

がおう 名誉終身平社員をフォローする

Windows 10 Insider Preview Build 19035(20H1)がロールアウトしました。FastRing、およびSlowRing向けとなります。

今回の主な機能は、以下の通り。

  • 新機能は特にアナウンスされていません
  • デスクトップの右下隅にあるビルドの透かし
    • このビルドには存在しません。これは、完了したという意味ではありません
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2019/12/04/announcing-windows-10-insider-preview-build-19035/#yx8ZbLBSTqlsCU0r.97

更新内容としては以下の通り。

Windowsブログより転載

PCの一般的な変更、改善、修正

  • デスクトップの右下隅にあるビルドの透かしは、このビルドには存在しません。これは、完了したという意味ではありません…
  • Windows Updateを通じてドライバーの更新を配信する方法に関する実験を完了しました。実験に関与したデバイスには、[設定]> [Windows Update]の下にある[オプションの更新]リンクが表示されなくなります。これにより、[オプションの更新]セクションからプリンタードライバーを正常にインストールした後、インストール可能な同じドライバーが引き続き表示されるという問題も解決されます。この機能に関するフィードバックを提供してくれたInsidersに感謝します。
  • デバイスをスリープから復帰させた後、フィンガープリント(有効な場合)がサインインオプションとして予期せず提供されないことがある問題を修正しました。
  • [設定]でアプリをリセットした後に最初に試したときに、特定のアプリが起動しない問題を修正しました。
  • ストア版のメモ帳で提供していただいたすべてのフィードバックに感謝します。現時点では、これを顧客に公開しないことにしました。インサイダーは、このビルドからこの変更を削除すると、いくつかの変更に気付く場合があります。
    • メモ帳をタスクバーまたは[スタート]メニューに固定した場合、この新しいビルドにアップグレードした後に再度固定する必要があります。
    • 特定のファイルの種類がデフォルトでメモ帳で開くように設定されている場合、その種類のファイルを再度開こうとするとプロンプトが表示され、メモ帳を再度選択する必要があります。

既知の問題点

  • BattlEyeとMicrosoftは、一部のInsider PreviewビルドとBattlEyeアンチチートソフトウェアの特定のバージョン間のオペレーティングシステムの変更による非互換性の問題を発見しました。これらのバージョンがPCにインストールされている可能性のあるInsiderを保護するために、これらのデバイスにWindows Insider Previewの影響を受けるビルドが提供されないように互換性保持を適用しました。詳細については、この記事を参照してください
  • 一部のInsiderは、最近のビルドをインストールしようとすると、セットアップがロールバックし、エラーコード0xc1900101を返すと報告しています。場合によっては、その後の試行で更新が正常に完了します。問題が発生している場合は、フィードバックハブにフィードバックを送信してください。
  • 新しいビルドをインストールしようとすると、更新プロセスが長時間ハングするというレポートを探しています。
  • 特定の外部USB 3.0ドライブが接続された後、Start Code 10で応答しないというレポートを調査しています。
  • ドライブの最適化アプリが、SSDデバイスで最適化が実行されなかったことを誤って報告するというレポートを受け取りました。

タイトルとURLをコピーしました