Windows Lite 搭載機の社内ティザーが開始とのウワサ

Windows10
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

プロジェクト ケンタウルス。

今年の2月末にLiteOSの記事を書いたのですが、その後の展開があったようです。

Microsoft teases its secret dual-screen Surface device
Courier 2.0

TheVergeが報じたところによれば、Windows Lite を搭載した最初の製品となる2画面の機械が社内向けにティザー(コードネームのまま社内でプレゼンする的な意味)を開始したようです。

……うん?(๐•̆ ·̭ •̆๐)

何言ってるかさっぱりわからないですよね。はい、軽くまとめますね(❁´◡`❁)

① マイクロソフトさんは、軽い(≒安い)Windowsを開発中との噂

→ これがWindows Lite です。Lite OSWindows Coreとも。

ChromeOSが開拓したマシンパワーを必要としない層向け(文教向きや、グラフィカルではないデスクワーク)と言われています。

Googleが開発したChromeOS搭載機は、非ゲーム、非デザイン系のテキストメインのユーザーに受けていて、北米を中心にシェアをじわりじわりと上げています。安いので。

たしかにグラフィック系をゴリゴリ使わなければ、マシンパワーは低くても大丈夫なわけですから、えー!そんなに高い機械いらないんだけど?!的な層がChromebookに流れつつあって、そこにリーチしたいわけですよね。WindowsRTです(ちがいます)

② マイクロソフトさんは、Surfaceシリーズとは明らかに違う小型機を開発しているとの噂

→ 過去2年間、コードネームCentaurus(ケンタウルス)として噂されている開発ラインです。

折りたたみ可能な2画面PCで、開いた際の大きさはフォリオサイズ(A3より小さくA4よりは大きい)、閉じた感じは、概ねスケジュール帳サイズといわれています。

なお、かつてコードネームAndromeda(アンドロメダ)と呼ばれていた折りたたみポケットサイズPCはケンタウルスに集中するために凍結されたようです。残念。

③ ケンタウルスはLiteOSを搭載する予定であるとの噂

TheVergeさんが書いてるのでそうなんだとおもうんですけど、初耳。

というわけで、Liteを搭載した2画面折りたたみ端末が、社内向けにティザーを開始した、という感じになっているようです。

TheVergeさんによれば、早ければ6ヶ月以内に披露されるんじゃないか説なので、期待して待っていようと思います。

さて、ここで思い出すのは、ファブリックなPCです。そうアレです。

このIntelのファブリックPCはWindows10が動いているようですが、これもうほとんどケンタウルスですよね。サイズ感と良い、折りたたみ可能で2画面PCっていう。

IntelがOEM各社に次はコレ!って言って1.0を策定、推進しているプロジェクト アテナは、2秒以内に起動して、電池が長いことを目標にしているわけですけれども、これLite搭載機じゃ?

ヤバwちょっと繋がり始めたかも?w

タイトルとURLをコピーしました