Intel Core i9-11900K Rocket Lake Flagship、OCによりシングルスレッド最速をマーク!なので色々比べてみた!

Windows10
この記事は約2分で読めます。
この記事を書いたひと
にゃぁ㌠

主にDQX(ドラゴンクエスト10)で活動していました(過去形)。
ゲーム記事多めです。
コロコロとかわる「好きなこと」だけを書いています。
なにかありましたらツイッターまでお気軽にご連絡ください(๑>ڡ<๑)

にゃぁ㌠をフォローする

話題のIntelCore i9-11900Kは、この6年で最大のCPUアーキテクチャアップグレードを果たしています。

これは、第6世代のSkylake CPU〜第10世代のComet LakeCPUまでのすべてのIntelCPUが、14nmプロセスノードに基づくチップアーキテクチャを使用してきたためです。

バイバイ14nm。

ベンチマーク結果

ベンチマーク記事によれば、ギガバイトZ490 AORUSマスターマザーボードと32GBのDDR4-3600MHzメモリで構成される環境で、少なくとも3回テストされたとのこと。

結果、シングルスレッドスコアが1905ポイント、マルチスレッドスコアが10994ポイントに達しています。

これにより、Intel Core i9-11900K Rocket LakeCPUが最速のシングルスレッドチップになりました。

AMDの最速のZen3チップであるRyzen9 5950Xと比較すると、Intel CPUは13%高速です。

  • Intel Core i9-11900K
    • シングルスレッドスコア:1905
    • マルチスレッドスコア :10994
  • Intel Core i7-11700K
    • シングルスレッドスコア:1810
    • マルチスレッドスコア :11304
  • AMD Ryzen9 5950X
    • シングルスレッドスコア:1657
    • マルチスレッドスコア :16942
  • Apple M1 – 8x 1.80GHz (3.10GHz)
    • シングルスレッドスコア:1634
    • マルチスレッドスコア :7220

こうやって比べてみると、まだまだIntel CPUも善戦してますね(❁´◡`❁)

Source

タイトルとURLをコピーしました